オフレコの記録

正しい巨人ファンによる、ジャイアンツ応援ブログ!

最近の記事+コメント

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ目次(別窓)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
スポンサー広告

☆樹液のでるクワガタの木を作ろう!

2006/07/16(日) 08:10:18

「人工的に樹液の出る木を作りたい!」

そう思い立って、この本で樹液の出る仕組みを調べてみました。
樹液をめぐる昆虫たち
樹液をめぐる昆虫たち矢島 稔

偕成社 2005-09
売り上げランキング : 126529

おすすめ平均 star
star樹液という生態系を明らかにした驚くべき書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本によると、ボクトウガというガの幼虫が木の中にもぐり込み、形成層をかじることで樹液がでるそうです。

00148-1.jpg






でも、人為的にボクトウガの幼虫に樹液をだしてもらうなんて、到底無理。
一旦は、挫折しそうになりました。
しかし、良く読んでみると、ボクトウガの幼虫は、木の中で継続的に形成層をかじり続けるから長期間にわたって樹液を出すのだとか。
では、短期間でもいいのなら、木の表面から形成層をかじって、師管から樹液を出せばいいのではないか?

そう考えた私は、クワガタの木の樹皮に“昆虫ゼリー”を塗り、甲虫類を誘導して、ゼリーと一緒に樹皮をかじり、形成層までかじってもらおうと思い立ったのです。

早速、実行!

さて、どうなるか?


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
クワガタTB:0CM:0

▽今日は、ファームも凄かった!

2006/07/16(日) 00:11:04

一軍が、乱戦を制し、やっと連敗を止めた今日。
イースタンの巨人対湘南戦もすごかった!

何が凄かったかって・・・・・

辻内くんの剛速球、ではありません。
(まだまだ故障が癒えてませんから)

先発は桑田でした。
でも、桑田のピッチングでもありません。
(いいピッチングでしたけどね)

凄かったのは、ジャイアンツ球場を襲った
「大夕立」
でした。

2回に入ったあたりから、一転にわかにかき曇り、3回に入った途端、ものすごい雷・雨・風。
特に凄かったのが、カミナリ。
ベンチに引き上げた選手たちが、「あ!あそこに落ちた」 「今度はそこに落ちた」と何度も指をさしていたほど。
まるで、ジャイアンツ球場が、爆撃にでもあっているかのようでした。
長年、野球を観てますが、こんなにひどいカミナリは初めてのような気がしました。

試合は、あっという間に中止になってしまいましたが、面白かったのは、ベンチでこの夕立を見ていた選手達。
カミナリは怖いし、大きな雷鳴には驚かされますが、こんな大夕立に遭遇すると、何か血が騒ぐというか、ワクワクしたりしませんか?
そんな様子が、選手達の表情によ~く出ていて、まだまだ子どもだね~と思ったりして・・・・・
(三浦貴とか、結構おちゃめなんですね)

中継では、試合が早々に中止になったため、登板直後の桑田が放送席に呼ばれました。
桑田が、自分が投げた一球一球について、どういう意図を持って投げたかを、立て板に水のごとく話すのには感心しました。
さすが桑田!(しかし、球威が・・・・)

ところで、今ファームには、桑田がいて工藤もいます。
なんか、小谷・香田両氏と併せて、コーチが4人いるみたいですね。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:0CM:2

○巨人 乱戦制し、やっと連敗脱出!

2006/07/15(土) 22:53:58

巨 人 11−9 ヤクルト

勝ったみたいですね!
やっと連敗が止まったようですね!

しかし、残念ながら詳細がよくわかりません。
ほぼ半月ぶりの勝利だというのに、中継がないなんて・・・・・

今日は、ネットでスタメンを確認して、がっかり。
そのあと、食事をしながらテレビを見てたら、「中田英寿の引退特番」が始まったので、ついつい引き込まれて最後まで観てしまいました。
(中田のプロ意識の高さには感心しました)

それはともかく、番組終了後、G公式で、速報を確認すると・・・・

「なんだこれ?」

先発の内海が、彼がたまにやってしまう立ち上がりの悪さを突かれ、早々に大量7失点。
普通なら、これで試合終了なのに、なぜか今日は、最近のジャイアンツでは考えられない集中打ですぐさま同点、そして逆転している・・・・・
(この大きなビハインドを跳ね返せた理由、選手の精神状態の変化、きっかけになったプレーとかを知りたいところですが・・・・)
なぜ、そんな展開になったのか?
いいんだか?悪いんだか? 全然よくわかりません。
でも、リードしてゲーム終盤を迎えてるわけで、これは応援せねばってことで、ラジオ観戦に!
しかし、電波状態が悪く、これまたよく展開が掴み切れませんでした。(トホ)
最後は、三塁線を破られながら、二塁寸前でタッチアウトでゲームセットという、乱戦を象徴するかのような幕切れで、とにもかくにも勝利となりました~!

スコアブックを確認すると、ヤクルトの石川・坂元の不調につけ込み、3回によく繋がった打線と、結局は要所でスンちゃんが打ったのが勝因なのかな?
あとは、内海が2回以降、それなりに立ち直ったのと、豊田が抹消され、残った救援陣がなんとか踏ん張ったということでしょうか?

スタメンには不満がありますし、試合内容も決して褒められたものではないはず。
ヒットは出ましたが、打線も、依然スンヨプに頼った部分が大きいようです。
でも、勝利は、やっぱり嬉しいし、ホッとしました。


みなさん、とりあえず、ほっとしましたね~

これで、一息つきました。

明日からは、将来を感じさせる戦いを!
そして、願わくば将来を感じさせる勝利を多く見せて欲しいものです。



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:3CM:8

×巨人 逆転サヨナラで9連敗

2006/07/14(金) 22:32:18

巨 人 3−4 ヤクルト

勝てません・・・・・

矢野のタイムリーツーベースで、一旦は逆転したのに・・・・
しかも失点のキッカケになるミスを取り返す、意味のある一打だったんですが・・・・


矢野の反発力は光ってたけど・・・・・

でも、まあ、
今日は負けてよかったのかもしれません。
野球の神様は、ちゃんと観てるってことでしょうかね~

何度も言うようですが、私思うに、今日のような「この試合を勝つためだけのメンバー」で勝っても、意味がないのではないかと・・・・

[遊]二岡 
[右]木村拓
[中]高橋由
[一]スンヨプ
[三]アリアス 
[捕]阿部 
[左]矢野 
[二]仁志 
[投]上原
(2~3年後は、二岡が1番を打つとでもいうのでしょか?)
(今の状態の仁志は・・・・・)


昨日、ナベツネさん・滝鼻オーナー・原監督の会談がありました。
席上、今季の優勝は「ミラクル以上」という正しい認識・本音に基づいて、再建に向けた前向きな話し合いがなされたようで有意義だったのではないかと思っています。
ナベツネさんには、「来年、絶対に優勝できるよう今から手を打て! 2、3年じっくり長期計画でやってくれ」との言葉、
(2、3年を長期計画というかどうかはともかく)
オーナーには、矢野・亀井・内海・西村などの来季以降を見据えた若手起用の提言
をもらったはずなのに・・・・・・

ここ2試合と昨日の会談で、いよいよ再建に向けて本格的に前進を始めるのではと思っていただけに、今日のスタメンには、がっかりでした。
この期に及んでは、目の前の1勝を獲りにいくことに、どれだけの意味があるのでしょう?
とりあえず連敗を止めても、未来に繋がらなければしょうがないと思うのですが・・・・

なにか神様が、「まだわからんのか~!」って言ってるような気がしてしょうがありません。
今日の試合は、逆転サヨナラ負けよりも、再建への姿勢が見えなかったことの方がショックでした。

それにしても、由伸・仁志・豊田あたりは、どうしたものか・・・・・
少し考えないといけないかもしれませんね~

明日は、10連敗してもいいから、未来形で戦ったほしいなぁ~

あ!最後に一言、キムタクは、最近非常にいい仕事をしてますね!




☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:3CM:6

☆巨人が大魔神を打ち崩した

2006/07/14(金) 20:50:24

ぜんぜん打てなかった大魔神佐々木を打ち崩した数少ない貴重映像です。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:0

◇選手のケガをなくすには?

2006/07/13(木) 20:54:17

今日は、原監督が、滝鼻オーナーとナベツネさんに中間報告を行ったようですね。
内容は、今のところよくわかりませんが、どうやら中長期的な視野でのチーム改革について意見交換がなされた模様です。
まあ、現時点では、フロントも好ましい方向をむいているということでしょうか?
(ホントにそうでありますように!)

ところで、そのナベツネさん、以前巨人の低迷について聞かれ、「原監督は、悪くない。けが人が出たのがすべて」
来季は、「ケガをしない練習方法を研究せねば!」みたいな発言をされたとの報道がありました。
そこで、今日は、“選手のケガ”について、ちょっと考えてみました。

「ケガの原因ってなんでしょう?」
そう聞かれて、多くの人が、すぐに思いつくのが人工芝の問題ではないでしょうか。

メジャーリーグでは、1965年完成のアストロドームに始まり、80年代までに人工芝の野球場が次々と造られ、また天然芝の野球場も人工芝に張り替えられていきました。
しかし、92年にオリオールズの新本拠地として天然芝でレトロ調の野球専用球場(いわゆるボールパーク)が建設され大変な賞賛を受けたのをきっかけに、人工芝球場が次々と淘汰され、一時は、メジャーリーグの本拠地球場の半数近くあった人工芝球場が、現在は、30球団の本拠地のうち、たった3球場のみになっています。

一方、日本はというと、アメリカの人工芝ブームを受けて、1976年の後楽園球場を皮切りに、次々と天然芝球場が人工芝化していきました。
近年では、選手の足腰への負担を軽くするため、天然芝の代替品として、天然芝の感触に近いハイテク人工芝に貼り替える球場も多くなっていますが、球団首脳の間での天然芝への認識は低いのか、現在、12球団のうち天然芝を採用しているのは広島、甲子園とスカイマークも入れれば3球場だけです。

確かに、人工芝は球場の多目的利用を可能にし、また維持コストも安く、興行的、経営的に有利なことは間違いなく、経営者側からすれば大きなメリットがあります。
しかし、選手の側からすれば、足腰にかかる負担が大きいことは明らかで、体調面では厳しい環境であることもまた間違いのないところでしょう。

話は変わって、最近昔のVTRを見て思うのは、選手、特に野手の大型化です。
土井、高田、篠塚、松本なんか「どうしたの?」っていうぐらい細いし、中畑、原にしたって、外国人のスミスやクロウまでも、「細い」印象が強いです。
これは、パワーとスタミナを追求した、筋トレなどの影響が大きいのでしょう。
完成時には、東京ドームの天井に打球があたることはまずないと言われていました。
実際、ブライアントやデストラーデといった外国人のパワーヒッターが当てたことがある程度。
しかし、最近はそんなに珍しいことでもなくなっています。
ボールとバットの道具の進化もありますが、選手のパワーアップも大きな要因のはず。
この一例をみても、身体(筋肉)が大型化し、選手のパワーが上がっているのは事実でしょう。

相撲界では、何年か前、力士の大型化によるケガの問題が取りざたされました。
相撲では、身体が大きい方が、パワーの面、そして単純に重さの面で有利に違いなく、大型力士に対抗するために、多くの力士が大型化を目指し、またそうせざるを得なかったがための弊害だったのだろうと思います。

これに近い現象が、今、野球界で起こっているように思います。
カンセコやマグワイヤやボンズが、そのすさまじいパワーを武器にして、考えられないほどの本塁打を量産したことで、多くのメジャーリーガーがその方向性を目指し、さらにその影響が日本球界にも波及している。
そんなふうに思っています。

つまりは、「人工芝」と「大型化」この2つがリンクして、最近の選手にケガが多い大きな原因を作っているのではないでしょうか。
急激にアップした筋力で、打つ・投げる・走ることによる自分の身体に与える衝撃。
大型化した選手が、スライディングやダイビングを行った場合の、自らへの衝撃。
これらが、人工芝の上で繰り返されることによるダメージの蓄積。
これが、大きなケガや慢性的な持病に繋がっていると思うのです。


(注)資料画像です。ヒサノリのケガは純粋に不運でした。

これからは、日本の野球も世界のステージで戦っていく時代になることでしょう。
現在、日本以外の世界の球場は、ほとんど天然芝です。
今回のWBCを見てもわかるように、人工芝と天然芝では、内野手の打球処理をはじめ、野球自体がかなり変わってきます。
また、世界を相手に戦う場合、日本人選手が、いくらパワーアップを図っても到底アジア以外の国々の選手には追い付けないのが現実でしょう。
イチローが、「以前は逆のことをしていたが、今は、身体を大きくしないようにしている。」と言っていたのを聞いたことがあります。
これこそ日本人が、世界で戦っていくスタンダードな方法なのではないかと思います。
もちろん、個々の選手のプレースタイルにもよることはもちろんですが、今以上にスピードを重視して、必要以上に身体を大きくすべきではないのではないか?と思います。

少し話がそれてしまいましたが、今後野球が国際化していく中で、日本がトップレベルであり続けるためにも、そして、選手のケガを極力少なくしていくためにも、
「天然芝の球場で、引き締まった身体の選手がスピード溢れるプレーをする」それが、これから日本の野球界が目指す方向なのかな?と思っています。

「20××年、新装なった“ジャイアンツ東京ボールパーク”で、スピード豊かなジャイアンツの選手達が、天然芝のフィールドを縦横無尽に駆け回る。」

他球団に先駆けて、ジャイアンツが、そんな野球をしていたら・・・・・・
そんなことを想像してみる、正しい巨人ファンでありました。



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
G党のつぶやきTB:0CM:9

▽アキニレ採集のメリット

2006/07/13(木) 20:09:35

以前、私のクワガタ採集ポイントの大部分は 「アキニレ」 だとお話ししました。(こちらを参照)

下の写真をご覧になって、アキニレとクヌギを見比べてみてください。


クヌギの幹

kunugi-ha.jpg
クヌギの葉

aki_nire03.jpg
アキニレの幹

akinire1-m.jpg
アキニレの葉

おわかりのように、アキニレは、クヌギなどと比べて、葉っぱも小振りですし、幹もボコボコした厚い樹皮はなく、滑らかな印象があると思います。
実際、林に行ってみても、アキニレは、その立ち姿で、遠くからでも比較的容易に見つけることができます。

クワガタを捕まえるには、
「クワガタを探すのではなく、木を探せ!」
とは、よく言われる鉄則ですが、アキニレの木を探すことは、思いのほか容易なのです。

そして、いい採集ポイントを見つける経験を重ねていくと、
その木の立地条件や“雰囲気”(これが言葉ではうまく言い表せないのですが・・・・・)で、
かなり高い確率で、新しい採集ポイントが開拓できるようになります。

よかったら、一度試してみられてはいかがでしょうか?







☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
クワガタTB:0CM:0

☆女性が主人公のスポ根もの

2006/07/13(木) 16:18:12





☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
その他動画集TB:0CM:0

☆ミセリ大炎上!

2006/07/13(木) 08:43:01

そういえば、こんな投手もいましたね~

ある意味、堀内巨人の象徴的存在でした。

この後、浅草観光に行ったとか行かないとか・・・・・




☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:0

×巨人 札幌でも連敗

2006/07/12(水) 22:38:55

横 浜 2−1 巨 人

残念でした・・・・・
北の大地でも勝てず、連敗は8になりました。

今日も、1・2番は、矢野・亀井のコンビ。
スタメンを聞いて、まずはほっと胸を撫で下ろしたのですが・・・・・

グローバーは、予想以上によかったんですけどね~
再三のチャンスに、もう1本、ホントにもう1本が出ず、残念でした。
牽引者になるべき二岡と由伸に覇気が感じられなかったのが、残念でした。
林の出してはいけない先頭打者四球が、残念でした。
久保が、被弾した失投が残念でした。

そして、今日の試合で、1番残念だったのは、皮肉にも唯一の得点をもたらした采配でした。
そう、7回のチャンスで、亀井に代打小関を送った場面です。
確かに、あの場面、門倉のフォークにまったく合っていなかった亀井が、ヒットを打つ確率は低く、勝つためには当然の采配でしょう。
逆に、あの場面、そのまま亀井を打席に送って、無得点に終われば、その無策を批判する人も多いはずだと思います。
でも、あの場面で、代えてほしくなかった。
今、矢野と亀井は、あんな場面で、打てないとわかっていても代えるべきではないと思うのです。
彼らを甘やかしてはいけません。
代えられることの悔しさより、打てないことの悔しさを感じさせてほしい。
しっかり恥をかいて、しっかり惨めな思いをさせることが大事なのではないでしょうか。
もし私が監督なら、その采配を責められても、彼らが泣きながら「お願いだから代えてください」と懇願してきても代えないな~


小関の見事なタイムリー! しかし・・・・

今日の解説の山本浩二さんも池谷さんも、YKコンビを使い続けることを提言されていました。
それだけ、彼らに、小さいかもしれないけど、希望とか期待とかを感じているんじゃないかな?
たぶん、多くのファンも、それを感じていると思うんですよね~

おっと、いいところもありましたよ!
木村と小関は、サポートメンバーとしていい仕事をしました。
これこそが、彼らの役割だと思います。
あと、亀井の好返球。
彼にとっては、当然といえば当然のプレーですが、やはりあの強肩とコントロールには惚れ惚れします。

次は、神宮でヤクルトか~
いくら内容重視でも、そろそろ勝ってみたい気もしますね・・・・・



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:3CM:9

×巨人7連敗・・・だが

2006/07/11(火) 22:04:12

横 浜 5−1 巨 人

今日も、連敗を止めることができませんでした。
これで7連敗です。

今日も、得点を挙げたのはスンちゃんのHRだけでした。
今日も、たった3安打です。
今日も、ジャイアンツ戦に投げさせて、若手に自信をもたせる牛島監督の作戦に見事に嵌ってしまいました。

でも、今日は「よかった」とまでは言いませんが、
個人的には 「納得できる」 試合でした。
では、今日は、今までと何が違っていたのか?

<今日のスタメン>
[左]矢野
[右]亀井

[遊]二岡
[一]李承ヨプ
[中]高橋由
[三]アリアス
[捕]阿部
[二]小坂
[投]パウエル

今日から、矢野が復帰しました。
やっぱり矢野はいいですね!
なにか「元気をもってくる」そんな感じがします。
そして、2番に亀井を入れ、初めてYKで1・2番を組みました。

昨日は、原監督が亀井に個人レッスンを施したとか。
これを聞いて、嬉しかったなぁ~
亀井に限らず、今はプロスペクトの選手を鍛えることが大切だと思うから。

つまり、今日は、新しい1・2番を作ろうとする明確な意図が感じられるオーダー。
ここが違うところですね。

確かに、矢野も亀井も結果を出せず、新しい1・2番は、まったく機能しませんでした。
でも、それでもいいんです。
重要なことは、今後も使い続けること。
左腕が先発でも、全然打てなくても、少なくとも外野の守備はしっかり締まっていると思って使い続けることですよ~
(レフト矢野、センター由伸、ライト亀井、これは明らかに未来形の布陣です)
(頼むからYKコンビ1日で解散、なんてことになりませんように!)


ところで、二岡。
最近、下半身がパンク寸前という印象を受けますが、どうでしょう?
二岡が全力疾走すると、もうヒヤヒヤします(汗)
首脳陣には、大きい故障をする前に、強制的に休ませることを忘れないで欲しいですね。
どうか、勝ちにこだわって、無理をさせすぎないように・・・・・
(こんなことを言っては罰が当たりますが、オールスター期間中は休んでほしかったな~)

<蛇足>
今日は、3塁の塁審の井野さんに泣かされたな~

img24849.jpg

初回のランナー妨害はともかく、矢野の初打席のフェンス直撃弾はフェアでしょ~
あれが2塁打なら、かなり展開は違ってたのに・・・・・
ボール・ストライク、アウト・セーフ、フェア・ファールの判定はしょうがないし、審判のジャッジは尊重すべきですが、そんなに弱い者いじめしなくても・・・・・
意地悪!(苦笑)


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:5CM:10

◇今の巨人、私ならこう戦う

2006/07/10(月) 21:42:10

「優勝度外視宣言」以来、“将来を見据えた戦いを!”と願っている今日この頃、G党の皆様いかがお過ごしでしょうか?
(野球に関しては、ご機嫌いいわけありませんよね~)
さて、今日は、「明日ある戦いと言っても、いったいどうすりゃいいの?」というジャイアンツ首脳陣の疑問にお答えする意味で、「来季以降のために、具体的にどう戦えばいいのか?」について、考えてみました。

では・・・・・
まずは、投手陣の再編成です。

①上原・パウエル・内海・(工藤)
先発ローテで、基本的に中6日できっちりまわってもらうのはこの3人だけ。
(工藤は、間隔をしっかり空けて、登録→登板→抹消の繰り返しで起用)

②高橋尚・久保・林・西村・真田・野間口・木佐貫・福田・栂野・鴨志田・酒井・佐藤     
このグループは、1・2軍を入れ替えつつ、適正を見極めるため、先発・リリーフに拘らず、いろんな場面で起用します。
特に、豊田に代わるクローザーを育てるため、リリーフの適正の有無をしっかりチェックしたいところ。

野手の方ですが、
中堅・ベテランの移籍組は、小坂も含めて、数年後の主力のサポートメンバーとはっきり位置づけます。
ディロンとアリアスも同様に、サポート役に徹してもらいます。
仁志と清水には、基本的に再起を期待しますが、仁志の場合は、諸般の事情でGでは力が出せないとなればトレードやむなしかな~

スターティングオーダーとしては、
(けが人が復帰したとして)

矢野7
脇谷4
二岡6
スン3
高橋8
小久保5
阿部2        
亀井9

として、これを基本的に、コンディションの問題以外では変えません。
特に1・2・8番は、どんなに打てなくても、恥をかいてもらいます。これで、責任感と自覚ができれば・・・・
あと、阿部は、定期的にきちんと休ませ、来期以降の阿部コンバートに備えて、加藤と星に経験を積んでもらいます。

っと、まあ、考えてはみたんですが、それにしても現実にできることって、そう多くはないですね~
それだけ、深刻な閉塞状況だと言えるのかもしれませんね。

もっとも、当然のことながら、ない頭で思いつくまま、独断と偏見と好みのバイアスがかかった私案ですから・・・・・・
皆さんの「私ならこう戦う」という構想をお聞かせいただければ幸いです。

(また近いうちに、補強についても考えてみます・・・たぶん)


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
G党のつぶやきTB:0CM:7

×巨人 サヨナラ負けで6連敗

2006/07/09(日) 18:50:01

巨 人 3−4 広 島

アリ砲の巨人第1号とスンちゃんの1発で、同点としましたが、最後は、豊田が打たれてサヨナラ負け。
カープにも3タテされて、これで6連敗です。

今日のスタメンは、

[右]清水
[二]小関
[遊]二岡
[一]李
[中]高橋由 
[三]アリアス
[捕]阿部  
[二]木村拓 
[投]西村  

相変わらずです・・・・・・
これで、先発が、グローバーなら益々持って夢も希望もないって感じでしたね~

内容も、エラーの後に被弾し3点を奪われる、お決まりの悪いパターン。
HRで追いつきはしましたが、内容的に見るべきものは、ほとんどありませんでした。
(歯がゆいな~)

敢えてあげるなら、昨日のエラーを取り返そうと、由伸の打席に意地が少し感じられたこと。
それから、サヨナラを打たれた豊田が、ものすごく悔しそうにしていたこと。
ある意味、あれだけ自分を責める豊田は立派。
そして、それを嬉しく感じるのは、寂しいことです。

逆に、すごく気になったのは、サヨナラの場面の由伸の返球。
あの場面、打者は東出だし、かなり極端に前進守備をしていました。
なのに返球は、マウンドのやや手前でバウンドし、力なく阿部のミットへ。
悠々生還を許してしまいました。
あれが由伸の肩??
握り損なっていたと思いたいですね。
もし、そうでなかったら、非常に由々しき事態。
高橋が、清水級の肩に成り下がったことを意味するのですから・・・・
故障してから、昔の肩ではなくなっているとは思っていましたが、そこまで衰えているのでしょうか?
今後、チェックしておかなければいけませんね。

<追記>
例の由伸の守備、あとでよ~く見たら、打球へのダッシュが全然ダメですね。
思うに、前の試合のエラーのせいで、消極的になってたのかな?
すごくおっかなびっくり捕球してて、足が止まってました。
それが、送球に影響を与えてますね。
前にチャージした勢いがボールに伝わってないってヤツですね。
原監督が、意識の問題と言ったのはこのことか~
ま、いずれにしても、由伸の肩は、今後チェックしなければ。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:1CM:5

☆樹液の出る仕組みって?

2006/07/09(日) 09:35:47

クワガタの木に育てるということは、クワガタが住み着くような木にするということ。
すなわち、樹液がでる木にしないといけないってことですよね。
じゃあ、樹液って、どうやったらでてくるんでしょうか?
クワガタ採集に行っていると、ポイントになりそうな木に、ドリルかなにかで丸い穴を空けていたり、斧か鉈で幹を傷つけている光景に出くわすことがあります。
でも、そんな場所から樹液が滴っているのは見たことがありません。
ということは、「こういう方法では、樹液が出るようにはならない。」ということだろうと想像できます。

そもそも、樹液の出る仕組みってどうなっているんでしょうか?
クワガタの種類や生態、採集方法などにばかり気が向いていたせいかもしれませんが、今まで読んだ本や、ネット上のサイトでも、このことについて書かれているものは見たことがありませんでした。
そこで、改めて樹液の出るメカニズムについて調べることに・・・・・・
でも、これが、なかなか見つかりませんでした。
「そんなことについて書かれた本なんかないのかな?」と諦めかけたとき、やっと1冊だけみつけたのが、この本です。
樹液をめぐる昆虫たち
樹液をめぐる昆虫たち矢島 稔

偕成社 2005-09
売り上げランキング : 126529

おすすめ平均 star
star樹液という生態系を明らかにした驚くべき書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
クワガタTB:0CM:2

×巨人5連敗で5位転落

2006/07/08(土) 18:42:42

巨 人 1−3 広 島

先発は、今やジャイアンツのエースといってもいい内海でしたが、巨人の貧打線と守備ミスで、見殺しにしてしまいました。
(由伸!お前もか~)

といっても、今日はデーゲームのうえ、中継もなしということで、詳しいことは書くことができません。

それにしても、今日のスタメン・・・・・

[右]木村拓
[二]岩舘 
[遊]二岡 
[一]李
[中]高橋由
[三]アリアス
[左]ディロン
[捕]阿部
[投]内海

痛ッ、アイタタタタタァ~~~

ほとんど未来を感じさせないものですね~
ベイルの先発を読んでの左対策打線なのですが、もういいかげん「今日を勝つためだけの戦い」はやめにしないとね~
しかも、その打線が散発3安打では話になりません。
それこそ、「将来を勝つ戦い」をして、ノーヒットノーランをくらう方が、よっぽどいいのです。

原さん、も~いいんですよ~
(↑声を大にして言ってます)
今年は、勝つこと、優勝することにこだわらなくても・・・・・
それより、負け試合のなかでもいいから「次の巨人」を見せてください!

じゃないと、「優勝度外視宣言」をしてしまったもんで、記事が書けないんですけど・・・・・
困ったなぁ~(大汗)


ところで、「ヤンキースがスンちゃんに興味を示している」とか。
彼の場合、これがあるからモチベーションの維持ができますよね!
今年、ジャイアンツで頑張って、是非夢のメジャーを実現してほしいものですね!


足元から癒されるモダンひのきの曲線美

妻に贈ろうと思うのですが、どうでしょう?

icon
icon
やっぱり、ジャイアンツカラーですよね~
G党の女性の方、いかがですか?



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:1CM:8

×エース対決は上原の負け

2006/07/07(金) 21:47:13

巨 人 2−4 広 島

昨日の「巨人優勝度外視宣言」にもかかわらず、ジャイアンツの戦いぶりは、まったく変わりませんでした。
(まあ、あたりまえなんですけどね~)

先発は、上原と黒田の両エース。
2人の息詰まる、というよりは “ハアハア息が上がる” 対決。
どちらも本調子ではありませんでした。
上原も、痛いところで被弾するここのところのパターンで、今回は連敗を止めることができませんでした。

しかし、ジャイアンツ打線は、ホントに、スンちゃんしか打ちませんね~
本来なら、早い回に攻略できるような黒田の出来でしたが、あれでは・・・・

さて、優勝を度外視した以上、勝敗は大きな意味をもたなくなりました。
重要なのは、将来に繋がる何かがあったか? です。
では、今日の試合では・・・・・・

ほとんどありませんでしたね~

唯一、挙げるとしたら、西村・フラン・健太朗くんかな~
彼の、指にかかった時のストレートには、「ほぉ~」と惚れ惚れすることがありますね。
ひょっとしたら、阪神の藤川みたいになれるかも?なんて思ったりして・・・・
個人的には、しばらくリリーフで、それも厳しい場面で、どんどん使ってみてほしいと思います。
それこそ、JFKのFが投げるような場面でね。
そして、シュートやフォークじゃなく、勝負球はストレート。
結果はいいから、どんどんまっすぐで勝負して、打たれて勉強、抑えて勉強です。
そうすることで、だんだん度胸もついてきますから。
はたして、健太朗にクローザーの適性はありやなしや?


期待してるよ~健太朗!

あ、そうだ!
来季は、必ず西村くんの背番号を変更してあげてください!
なんせ呪われた “伸び悩みの番号” なんですから~



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:1CM:3

◇巨人優勝度外視宣言

2006/07/06(木) 21:58:59

そろそろ時期がきたようです。

宣言します!

「私、今日をもって、ジャイアンツの今季の優勝を完全に頭からデリートします」
今後は、ジャイアンツが来季以降の優勝のための戦いをすることを願って、そういう目で叱咤激励をしていきたいと思います。
なんか、去年の今頃も同じようなことを言っていた気がしますね~(汗)

思えば、昨シーズンから、そして原監督就任後も、本当に強いジャイアンツに再建するためには、少なくとも数年間は優勝よりも育成に重点を置いたチーム作りをすべきだと考えておりました。
しかし、原さんの「育成と勝利の両立宣言」を聞き、さらに、4月のすばらしすぎる快進撃を見せてもらって、自分の軸足が育成から優勝の方向に微妙にぶれてしまったことを反省しております。
確かに、快進撃中もチームの将来という面で言えば、「これでいいの?」という面は多々あったわけですが、「ひょっとして?という、今となっては甘い希望」にかき消されていた部分も少なくなっかたと思います。

でも、野球の神様は、ちゃんと見ていたんですね~
相次ぐ、ほんとにこれでもかというほどの主力のケガは、
「今年は優勝してはいけません」
「しっかりチームを基礎から作り直しなさい」

という、ジャイアンツに対する神のお告げと考えるべきでしょう。

今は、ジャイアンツが背負っている「勝つことを義務づけられたチームだ」という勝利至上主義のずっしり重い十字架を降ろしてみる時ではないでしょうか?
その十字架を再び背負うに足る強いチームになるために・・・・・・

今、ジャイアンツの若い選手たちは、なかなか一軍半の壁を破ることができず苦悩しています。
これは、ジャイアンツというチームが、「常勝でなければならない」という殻を破れずにいることと無関係ではないはず。
まずは、フロントが、首脳陣が、チーム全体が、その殻を破ることが必要だと思います。
そして、ジャイアンツファンとして、それはそんなに難しいことではないことを知らせてあげたい。
なぜなら、多くのジャイアンツファンは、もはやFAやトレードの補強で優勝することをそんなに望んでいないはず。
少なくとも、今の未来を感じない閉塞感に満ちた敗戦より、少しでも将来への光を感じる敗戦を望んでいるはず。
だから、がっつり負けていいんです! 
それが、再建への糧になるなら・・・・・・・

最後に、今話題の「オシムの言葉」の中から、ジャイアンツに次の一言を、

「本当に強いチームというのは夢を見るのではなく、できることをやるものだ」

そして私からも一言、
「二兎を追う者は、一兎も得ず」
(ただの諺ですいません^^。)
(私は、オシムほど気の利いたことは言えないのであった・・・・)



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
G党のつぶやきTB:0CM:5

×巨人 川上の前に完敗

2006/07/06(木) 21:40:57

中 日 9−5 巨 人

中日の、いや今は日本球界のエース川上憲伸が相手では、2回に2点を先取された時点で、敗色濃厚。
3回に5点を奪われるに至って、今日のゲームはジ・エンドでした。

先発の工藤は不調。
しかし、梅雨時期の中5日は、いかにタフとはいえ、43歳の身体には負担が大きすぎたのでしょうか?


ファンも工藤も茫然自失

それにしても、今日も相変わらず、つまらないミスが多く、まったくルーズな野球になってしまいましたね~

不振の二岡が2本のHR、ディロンが来日初HRと抵抗を見せましたが、
如何せん“焼け石にスズメの涙”とでも言うか・・・・・・

いいところが、ほとんどなかった試合ですが、ジャイアンツにこの言葉を贈ります。

「今日唯一良かったのは、全員が最悪のプレーをしたという点だ」
(オシムの言葉より 盗用 引用)


よろしければ、続けて「巨人 優勝度外視宣言」をお読みください。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:4CM:2

☆クワガタ山を作ろう

2006/07/06(木) 19:00:00

「我が家の裏山をクワガタ山にしよう!」

採集してきたクワガタをリリースしていて、ふとそんなことを思いつきました。

もともと裏山には、ほとんどクワガタは生息していません。
本来、クワガタをリリースするのは、採集した場所に返してやるのが普通です。
だって、生きてゆく環境が整っていない場所に返されても、彼らも困りますもんね。


はたしてここが、クワガタ山になるのか?

それでは、クワガタがちゃんと生活できる、住み良い環境を整えてやれば、そこに住み着いてくれるんじゃないか?
そう思いついたときに、ちょうどすぐそばに生えていたアキニレの若木が目に入りました。
「じゃあ、この木をクワガタの集まる木に育ててみよう!」
「この木で、クワガタを放し飼いにしてみよう!」
「それが、裏山をクワガタ山にする第一歩だ!」


こうして、私の

「クワガタ放し飼いプロジェクト」

がスタートしたのであります。

さあ~どうなることやら??



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
クワガタTB:0CM:0

▽王監督が手術でチームを離れる

2006/07/05(水) 23:27:29

先程、緊急会見が行われ、ソフトバンクの王監督が、
「胃に手術を要する腫瘍が発見されたため、明日からチームを離れる」
とのこと。
心配です。
気丈にも、会見を開き、いつもながらに丁寧に受け答えをされていました。
手術の成功と一刻も早い回復をお祈りするのみです。

SBの選手には、是非がんばって、王さんを安心させてもらいたいと思わずにはいられません。

ON世代のオールドファンにとっては、「長嶋さんに続いて王さんも病魔に・・・・」というのは、残念でならないし、時代の流れを感じざるを得ません。

どうか元気な姿でグランドに帰ってきてください!



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
野球の話題TB:0CM:0

×巨人、リード守れず惜敗

2006/07/05(水) 22:05:57

中 日 2−1 巨 人

”気迫のパウエル” と ”のりにのってる佐藤” の息詰まる投手戦でした。

ジャイアンツは、今はこれしかないという勝ちパターンに持ち込みましたが、最後は、リリーフ陣がリードを守りきれず、惜しい敗戦となりました。

中日の先発は、今が旬の佐藤投手。
いったいどんな球をなげるのか楽しみにしていましたが、見た感じ手も足も出ないという印象はありませんでした。
でも、勝負どころのスラーダーとフォークのキレとコントロールがよく、なかなか打てませんでした。
(もっとも、今日は調子が悪かったそうで、巨人以外の打線なら捕まっていたのかも?)

それでも7回、スンちゃんのヒットを今日から仲間入りのアリアスがしぶとく繋いで、阿部の執念のヒットで1点をもぎ取りました。

もうこのあとは、ヒサノリ・西村・豊田で、1点を守りきる作戦でしたが・・・・・

今日は、ヒサノリのところが誤算だったのと、ピンチで登板した西村くんが、もうひとつ攻めていなかったのが残念でした。
特に西村は、(個人的に来期以降のことを考えて)抑えの適性をみるために注目していたのですが、逃げ腰気味のピッチングが不満でした。
結果はいいから、シュートやスライダーを打たせにいくんじゃなく、どんどん向かっていく姿勢がほしかったな~
ともあれ、彼にとってはいい経験、これからもこういう場面で使ってほしいと思います。
(来年、抑えができればいいのになぁ~と夢を抱いて・・・・)


もっと強気にね!

負けてしまいましたが、緊張感があって、昨日に比べれば、よっぽどいい戦いだったと思います。
こういう敗戦は、明日に繋がる気がしますから。
明日も、勝敗はともかく、内容のある試合をすることが、今は一番大事です!


ところで、今日の落合監督の抗議・退場劇ですが、具体的に何が問題だったのかよくわかりませんでしたね。
いつも思うんですが、審判団には、見ている側に説明責任を果たしてもらいたいものです。
たまに、責任審判の方から、状況の説明があったりしますが、どうも説明がうまいとは言えず、もうひとつ理解しずらいこともしばしばです。
こういう場合は、審判の説明を聞いて、しゃべりのプロが、わかりやすい場内アナウンスで状況説明をおこなう方法はとれないものでしょうかね~?
それも大事なファンサービスだと思うのですが・・・・・

結局、今日の抗議は、パウエルのリスタートを審判が十分にケアしていなかったために、曖昧なジャッジになったことを問題にしていたのかな?
落合監督の抗議はもっともな気がしたし、その後の引き際も感心させられるものだったと思います。
敵将ながら、さすがだね~



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:5CM:5

×巨人 完封負けで連勝ストップ

2006/07/04(火) 21:48:16

中 日 4−0 巨 人

得点力のない今のジャイアンツ、やってはいけないミスが出て、
連勝は最小の“2”でストップしてしまいました。

先発の木佐貫は、相変わらずフォームも球もバラバラ。
まだまだ下で、じっくり作り直した方がいいのでは?
一軍で投げるのは時期尚早、結局はその方が復帰には近道のような気がします。
その木佐貫、3回にピンチを迎えた場面で交代。
今の打線を考えれば、この交代はやむなし、正しい判断だったのではないでしょうか。
代わった野間口も、一見いいピッチングをしているようでしたが、コントロールミスが多く、いつかは大きいのを打たれる予感がありました。
それが、2アウトから、エラーで出したランナーを置いた場面で出てしまうとは・・・・・
井端もウッズも被弾したのは真ん中の球。
野間口は、全部“エイヤァ~”で投げていては抑え切れません。
せっかくいい球を持っているんですから、それを活かすコントロールを身につけないと・・・・
まずは、考え方を改める必要があるんでしょうね~

img31930.jpg
意識改革が必要かな?

打線は、相変わらず1・2番が機能しないうえ、二岡がやや調子を落とし、由伸がまだまだ本調子にはほど遠い現状では、得点はあまり期待できません。
アリアスに期待しているようではダメなのですが、
“アリをも掴む、溺れそうなジャイアンツ”なのが悲しいですね~
1・2番は、誰に任せてもうまくいかないのなら、1番はプロスペクトの亀井くんで固定しませんか?
打てなくても、あの返球を見るだけでも価値がありますから~

返球といえば、ずっと気になっているのが由伸の返球。
例えば、2死無走者でセンター前ヒットを打たれた時、捕球後ちゃんとステップしないで走りながら手投げで内野に2バウンドぐらいでいい加減に返すアレです。
すばやく強い返球は必要ない場面なんですが、何か緩みを感じてしまうのは私だけでしょうか?
日本シリーズで西武にやられたクロマティのそれとは違いますが、由伸だけに常に締まった返球をして欲しいと思うのですが・・・・・
返球に関しては、彼は、ここという時しか全力を出さない傾向があるような気がして、それが肩の衰えに繋がっているように思います。
イチローのように「練習から見せる」=「鍛える姿勢」が大事だと思うし、年齢を重ねてくればなおさらだと思うのです。

さて、明日は、3点以内に抑えて、なんとか頑張ろう!


なんの脈絡もありませんが、せめてものお慰みに・・・・・



◆二岡の見事なイナバウアーに驚く清水と内海の図◆


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:5CM:4

◇中田英寿が現役引退

2006/07/03(月) 21:40:47

サッカー日本代表の中田英寿が、突然の現役引退を表明しました。

う~ん、驚いた!
ブラジル戦後、ピッチの中央で横たわり、長い時間泣いていた姿には、衝撃を受けました。

KFullFlash20060623026_m.jpg

あの時、「どういう思いが、彼の頭を去来したのかな?」と思っていたのですが、こういうことだったんですね~

中田にとって、次のワールドカップは、年齢的に無理。
だから、あそこで、ワールドカップのピッチに別れを告げ、気持ちの整理をしていたのかな?と思っていました。
でも、まさか、現役そのもの、サッカーのプレーそのものに別れを告げていたとは・・・・・

あの時、中田のあの姿は、ただごとではないと思っていましたが、今となっては、あの涙の重みを痛感させられます。

選手としてのピークを迎えたと思われる今、キャリアに終止符を打つ決断をした中田。
それが彼の美学なのかな?
今はまだ、ニュース速報を目にしたばかりの段階ですが、今後、彼の口から、こうなるまでの思いを聞いてみたいと思います。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
スポーツの話題TB:0CM:3

○内海初完封で巨人連勝!

2006/07/02(日) 21:30:03

阪 神 0−2 巨 人

今日は、なんといっても内海の好投に尽きますね!



立ち上がりは、コントロールがいまイチで、前回よりはいいかな?ぐらいの出来でした。
でも、4回のピンチを切り抜けると、尻上がりに調子を上げ、その後はまったく危なげないピッチングでしたね~

プロ入り初完封おめでとう!

monchi1.jpg
似てる?

今日は、気持ちが前に出ていたように見えたし、安定感がありました。
また、投げるだけじゃなくて、結果は出ませんでしたが、バッティングでも「なんとかしよう!」という気迫が伝わってきて、好感がもてました。
ひとりでも多くの選手が、こんなプレーをしてくれると嬉しいんですがね~

打つ方は、スンちゃんひとり。
img31554.jpg
さすが4番の働き!
由伸も阿部も、まだまだ本調子でないうえ、1・2番もなかなか機能しないから、しばらくは得点力は上がってこないかな?
そういう意味では、今日のように守り勝っていかないと・・・・・

さすがに、左の先発でもディロンのスタメンはありませんでしたが、亀井はベンチ。
確かに、昨日は内容がよくなかったけど、使い続けてほしいな~

阪神に連勝して、一息つきました。
チーム状態自体は、決してよくなってきたというわけではありません。
でも、これで地に足付けて、来週から戦っていけるのではないでしょうか?

<蛇足>
今日、近所のスーパーに行ったら、書籍コーナーに話題の「オシムの言葉」が平積みされていたので買ってきました。
帰って早速読んでみましたが、「なるほど~」と思うところが多いですね。
で、G+のジャイアンツタイムマシーンを見ながら読んでいたんですが、ジャイアンツのOBの方も、なかなか趣のあることを言っておられたのでご紹介します。

・400勝投手、カネム・・・じゃなかった、「金田氏の言葉」

(勝利を目前にしながら、ピンチを迎えたジャイアンツに対して)

野球は、2アウトになるまで靴を履き替えるな!

う~ん、言わんとすることは、なんとなく・・・???
おそらく、“勝負は下駄を履くまでわからない”と同義語でありましょうか?
“とにかくそういうことだ!”的、強引で力強いお言葉でした。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:12CM:10

◎主力の活躍で巨人連敗ストップ!!

2006/07/01(土) 22:01:30

阪 神 2−4 巨 人

勝った~

止まった~

ホッとした~


先発にエース上原
由伸もスタメンを直訴した!
阿部もいる! サードは古城!
今考えられるベストメンバー、これで勝てなっかたらどうするの?っていう陣容でした。

しかし、1点は先制したものの、上原がすぐ同点にされ、金本のHRで勝ち越されるという苦しい展開。
そして、迎えた6回表の一死満塁のピンチをよくぞ凌ぎました。
連敗中は、こういう場面を我慢しきれず試合を壊すことばかりだったので、もう胸が締め付けられる思いでしたが・・・・・・
これが、今日の大きな勝因でしょう。

そして、その裏、上原が四球を選んで出塁。
その後、1,2番がうまく繋げず嫌なムードでしたが、
窮地を救い、連敗を止めたのは、やはりクリーンアップでしたね~
いずれも初球をタイムリーツーベースで一気に逆転!!
嬉しかった~!


連敗を止めた主役達!

その後は、ヒサノリ・豊田と繋いで、阪神の追撃をかわし、実に6月17日以来の勝利。
この半月は長かった~
最終回は、まるで優勝が決まるがごとくの緊張感でした。
エースとクリーンアップ揃い踏みの大サービスヒーローインタを聞きながら、しばらく脱力の中、勝利の余韻に浸りましたね~

なんとか球団タイの11連敗の不名誉な記録は阻止できました。

もっとも、
「これで、7月は未だ負け無し! これからは連勝街道ばく進だ!」
などという戯れ言を言う気分ではありません。
(どちらかというと、「これでまた、10連敗までは大丈夫」っていう感じです)
明日から、まだまだ厳しい戦いが続きますが、どうか未来ある戦いぶりをお願いします。

とはいえ、とりあえず今夜は、スポーツニュースを梯子した後、
この2週間、涙で濡らし続けた枕を高くして眠ることにしよう!

“読売ジャイアンツ”ジャビットふわふわピロー


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:7CM:10

◇カメが鳴いた!?

2006/07/01(土) 10:29:52

先日、うちの近くの川で、カメを捕まえました。
ハルとテンが、2人で捕まえたので、名前を「ハテ」といいます。
(すごく安直なネーミングながら、なんとなく響きが可愛くて気に入っています)
「しばらく、飼う!」と言って聞かないので、庭で飼育中です。
(こんな、でっかいカメ・・・・  犬じゃないんだから・・・・)


これから ”ハテ” と散歩に行くのだ!

で、昨日、このハテちゃんが、

「鳴きました!」

なんていうか、犬が鼻を鳴らすように、

「ク~ン」って感じ。

カメって鳴くのか~?と思って調べてみると、

カメは、鳴かないけど、クチバシの不正咬合や呼吸器系のトラブルで、鳴き声のような音が出ることがあるそうな。

なるほど、確かにそんな感じの鳴き声?でした。

でも、日本の文学史上では『カメが鳴く』と言うテーマは意外に古くから見受けられるそうで、最も古いものは鎌倉末期の『夫木和歌抄』中の藤原為家の和歌に

 河ごしの みちのなが地の 夕やみに なにぞときけば かめのなくなる
(川向こう遠く夕暮れ時に何か音がする。何の鳴き声だろう?と尋ねてみるとカメが鳴いているのだそうだ)

というのがあるそうです。

そして、『カメが鳴く』は、そのユーモラスな雰囲気がいいのか、俳句の季語(カメが活発に動き出す春の季語)となって現在も使われているそうです。

亀なくや 皆愚なる 村のもの (高浜虚子)

裏がへる 亀思ふべし 鳴けるなり (石川桂郎)

亀鳴くは 己の拙(せつ)を 泣くごとし (石原八束)


なるほどね~
世の中、知らないことが多いですね~


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
オフレコ日記TB:0CM:0

☆さあ日本シリーズ ON対決

2006/07/01(土) 08:23:47

2000年の日本シリーズのオープニングです。

あのワクワク感を思い出しますね! 







☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:0
<< 前のページホーム全記事一覧

プロフィール

テルテル

  • Author:テルテル
  • 【年齢】 もういい歳
    【血液型】B型 
    【星座】 かに座
    【趣味】
    野球観戦
    (正しい巨人ファン)
     クワガタ採集
    (放し飼いもしてます)
     読書
    (ミステリー中心かな)
     化石掘り
    (ロマンを感じます)

    【たまに登場する人物】
      妻 :チヤ
     長男:シン
     長女:ハル
     次男:テン

今日はどんな日?

月の暦でございます!

<06 | 2006/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード

ブログ内検索

アンケート





LinkShare アフィリエイト

【自動更新】アトリエカタログ125*125

「ホビー商品大集合」icon

オフレコの別館

今年の部屋履きはコレ! アディダス:ロッカールームソックス3/579796【adidas アクセサリー】 20061027祭10

大切な人に贈るギフトアイテム

オフレコ書店

ジャイアンツ関係
今までに読んだ面白いミステリー(国内編)
今までに読んだ面白いミステリー(海外編)
クワガタ
iPod関連アイテム
最近読んだ本
 by G-Tools





Copyright(C) 2006 オフレコの記録 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。