オフレコの記録

正しい巨人ファンによる、ジャイアンツ応援ブログ!

最近の記事+コメント

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ目次(別窓)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
スポンサー広告

◇今年の甲子園、注目の3選手

2006/07/31(月) 22:01:47

今日で、この夏の甲子園に出場する各都道府県の代表がほぼ決定しました。
(唯一宮城だけが、決勝戦が引き分け再試合になりました)

大阪では、“怪物”中田翔くんを擁する大阪桐蔭が金光大阪を延長12回、4―3で破り、2年連続4回目の出場。

愛知では、プロ注目の堂上くんがいる愛工大名電が4―0で愛産大三河に完封勝ちし、2年連続8回目の出場。

これで、駒大苫小牧の田中将大くんと併せて、個人的に注目していた3選手が甲子園に登場することになりました。
(本当はもうひとり、鷲宮(埼玉)の増渕くんを見たかったんですけどね)
彼らのプレーを少なくとも1試合は、じっくりみることができますね。

野球ファンにとっては、甲子園大会での高校生たちの一生懸命なプレーを見ることと同時に、将来プロ野球で活躍することになるかもしれない選手たちの可能性をみることも大きな楽しみのひとつなのではないでしょうか?

今大会、個人的には、ジャイアンツのスカウトに成り変わって、今秋のドラフトでは「田中くんを指名すべきか? はたまた堂上くんでいくべきか?」をじっくり見てみようと思っています。
それから、当然、「中田くんは、本当に清原以来の怪物なのか?」も大注目ですね。


ところで、ジャイアンツは、アリアス・仁志・大西の3選手を抹消したようです。
代わって誰をあげるのか?ちょっと注目ですね。
(ディロンかな~?)

スポンサーサイト

☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:0CM:3

×巨人 中日に3タテを喫す 

2006/07/30(日) 21:50:41

巨 人 2−4 中 日

今日は、長女ハルの所属するソフトボールチームの主催大会があり、早朝から準備や運営で動き回ってました。
暑かった~(もう汗だく)
で、先程まで、ささやかな“打ち上げ”をしていたもので、ほとんど試合は見ることが出来ませんでした。

なので、内容についてはよくわからないのですが、
「パウエルはそれなりにいいピッチング、ジャイアンツもいい形の攻撃があったものの、結局は守りきれず攻めきれずのいつもの負けパターンで、中日に3タテされた」
といったところでしょうか?
これで、中日には9連敗?でしたっけ・・・・・
これより悪いのは、同じく中日戦で14連敗っていうのがあるらしいですね。
そういえば、そんなことがあったのを思い出しました。

さて、スコアを見てみると・・・・・

<今日のスタメン>
[左]清水
[二]脇谷
[遊]二岡   
[一]李承ヨプ 
[中]高橋由  
[捕]阿部   
[三]アリアス 
[右]矢野   
 
二岡を3番に戻し、脇谷を2番セカンド。
うん、少しよくなりましたね~
でも、右の朝倉の先発ですし、亀井を使わないのがわかりません。
原監督、もう少しです。もう少し思い切りましょう!

<私好みのスタメン>
[右]矢野
[二]脇谷
[三]二岡   
[一]李承ヨプ 
[左]高橋由  
[捕]阿部   
[中]亀井 
[遊]岩館(十川、黒田)   

現状で、来季以降を視野に入れた現実的な範囲でいうなら、こうかなぁ?
(二岡と由伸は、コンバート睨み。矢野と亀井の打順は逆でもOK)
近いうちに、こうならないかな~
(無理でしょうね)

ところで、由伸と清水は、今季はもう結果を求めないことにしてはどうでしょう?
来季に向けて、鍛えるべきところを鍛えながら、今から打撃の本格的改造に取り組んでみては?
特に由伸は、故障の影響で衰えている下半身を鍛え直して、身体も絞り込まないと。
今から取り組まないと、キャンプだけじゃ、来季の復活すらあやしい気がする・・・・・



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:1CM:5

×巨人 中日に未来無き大敗

2006/07/29(土) 23:08:50

巨 人 1−11 中 日

今のジャイアンツが、一番してはいけないのが、今日のような試合なのではないでしょうか?
点差とか、そういうのじゃなくて、
「戦い方、オーダーに将来を感じない」それが最悪なのです。

梅雨明け間近の猛暑の今日、水難事故も相次いだようですが、今日のジャイアンツも、まさに溺れてしまった状態です。
溺れまいとパニックになって、もがけばもがくほど沈んでいく・・・・
「勝負を度外視して、もっともっと先を見る」身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれです。
その方が、意外と勝ちに繋がっていくと思うのですが・・・・・

今日の中継で、ベンチの原監督の悔しそうな顔が印象的でした。
監督も悔しいでしょう。それはよ~くわかります。
だから勝ちたいのでしょう。それも現場の指揮官としては当然のことです。
でも、勝ちにこだわりすぎてはだめです。
もちろん、勝負を捨てろとか、優勝を諦めろと言っているのではありません。
勝つために全力を尽くすことは、当然のことです。
しかし、それは、その日を勝つためだけのものではいけません。

ある夕刊紙に、早々と今季は白旗を上げ、「来季優勝」宣言している巨人・渡辺球団会長に対し、OBから「ファンを無視している」と怒りの声があがっているのは当然といった記事が掲載されているようです。
(まあ、信憑性はともかくとして)
個人的には、これはまったく逆だと思うのです。
あくまで優勝にこだわって、今日のような試合をすることこそ「ファンを無視している」のではないでしょうか?
こういう考え方こそ、ジャイアンツの再建を遅らせてしまうんじゃないかな~

<蛇足>
栂野くん、今日はめった打ちされたけど、自信喪失しないでね!
考え方ひとつですぞ!  打たれて勉強です。

打線は、今日もスンちゃんの活躍だけ。
そこで、思ったんですけど、今季終了後、スンちゃんには是非メジャーに挑戦してほしい。
もちろん、戦力的には来季以降も必要な選手ですが、ここは敢えて引き留めるべきじゃないのでは?
いつまでもスンちゃんに頼ることは、決してジャイアンツのためにならない気がしています。
どうかなぁ~???


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:3CM:10

×巨人 アッサリ完封負け

2006/07/28(金) 21:45:24

巨 人 0−2 中 日

今日は所用があり、帰ってテレビをつけると、もう7回。
そのあともアッサリ終わってしまって・・・・・・
何か拍子抜けの敗戦でした。

ってことで、あんまり書くこともないわけですが、スコアをみるとヒット数は巨人が6安打で中日が4安打。
どうやら、たまにある内海の立ち上がりの悪さを、中日がソツ無く攻めて先制。
その後は、どちらも山場を作れず試合終了って感じでしょうか?
ジャイアンツのチャンスは、2回と7回。
どちらも例によって、もう1本がでなかった模様ですね。
特に2回は惜しかった。
スンちゃんの当たりが抜けていれば、走者一掃だったのに・・・・・・・


モンチ内海、初回だけだったのに・・・・

これで中日戦は7連敗らしいです。
さすがに首位にいるチーム、安定感ある戦いぶりですね。
今日は巨人打線が不甲斐ないというよりも、ドラゴンズの投手陣が盤石だという印象が強いかな?

ところで、昨日、選手会が機構側に、日米野球への参加は「今季限りとしたい」との意向を伝えたとか。
その理由は、WBCを始めアジアシリーズなど真剣勝負の国際試合が組み込まれるようになり、「日米野球の役割は終えた」ということのようです。
さらに、来オフ予定されている日韓野球も親善試合の形式なら選手会として不参加も示唆していて、その代わりに、例えば26歳以下の日米プロ選手が本気でぶつかる「日米アンダー26」試合開催などを提案した模様。
これに対し、機構側も「ファンがどう考えているかも考えないと。(選手会の意見は)無視は出来ないし、機構側として検討できると思う」と理解を示しているとのことです。

この選手会の意見には、まったく賛成!
エキジビション的要素の強い親善試合には、もはやほとんど魅力を感じませんからね~
“アンダー26”若きオールジャパンの真剣勝負の方が、100倍面白い!というのが大多数のファンの声ではないでしょうか?
是非、この選手会の提案が、実現するといいですね!


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:3CM:6

○巨人 サヨナラで連勝!

2006/07/27(木) 23:11:49

広 島 4−5 巨 人

今日は、もはやあまり意味がない(この打線で左が打てるか?というと、やっぱり打てないんだから)左投手用の打線を組み、守備の細かなミスと西村のいまいちのピッッチングで、意味のない試合になってしまうのかな~と思っていました。
しかし、ゲーム終盤になってにわかに盛り上がりましたね~

ジャイアンツが、亀井のタイムリーを口火に、久々の反発力を見せ、
最後は二岡のタイムリーでサヨナラ勝ちです!


喜びが弾けるGナイン!

先発西村の出来は、もうひとつ・・・・
やはり先発になると期待どおりの投球ができませんね~
この際、先発とリリーフ、交互に使って適性を見極めてみたらどうでしょう?

そして今日も、ジャイアンツのプロスペクト達が、いい仕事をしました。
(これが今は一番嬉しい)
まず、昨日の活躍できっかけを掴みかけた亀井。
(まだまだ左を打つ確率は低いだろうけど、彼を使わない手はないと思うんですよね)
7回に代打で起用され、反撃の狼煙を上げるタイムリーを打ちました。
これは、首脳陣に「右左関係なく使え」といういいアピールになりましたね。
また、8回の勝ち越しのチャンスでも、打てませんでしたが、いずれも思い切りよく振りにいった“いい三振”だったと思います。
矢野も、11回の先頭打者として出塁、サヨナラのきっかけを作りました。
脇谷も地味ですが、バスターでいい打球を打ちましたし、盗塁でもいい足を見せてくれました。
(あの場面の作戦には賛否あるでしょうが、脇谷がサインの確認にいってしまったから敢えて切り替えたのかな? あれはあれでアリかと・・・・ でも古城の強行策は解せません)

img48386.jpg
梵くん、大丈夫かな?

あと、真田もよかった。
2回をきっちり抑えたのは大きかったですね。
彼は、最近ずっと安定して結果を残していますから、西村と入れ替えて、先発テストもいいんじゃないでしょうか?
(今季は、役割を固定せずにいろいろ試してみたいので)

ジャイアンツ打線も全体的にやや上向きかな~
こちらも梅雨明け間近? だといいなぁ~

<蛇足>
ジャイアンツ戦の陰に隠れて?密かに行われていたセリーグの首位攻防戦^^。
虎がドラに3タテされちゃったようです。
後半戦のスタートでのいきなりの首位攻防戦で、これは大きい。
ペナントレースのターニングポイントだったかも?



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:4CM:5

○巨人 亀井と矢野で後半戦初勝利!

2006/07/26(水) 22:07:24

広 島 6−7 巨 人

今日は、久々の快勝!かと思ったら、上原が打たれて、結局は1点差でなんとか逃げ切り。
後半戦初勝利です。

しかし、“打ったら打たれる” “抑えたら打てない” という勝てないチームの典型的なかみ合わせの悪さですね~
同点にされた時は、“またか?”と思いましたが、亀井と矢野の活躍と久保とヒサノリの踏ん張りで勝利をものにしました。

上原は、立ち上がりはまずまずだったんですが、打順が二回り目で早くもバテたのか?
キレも球速もなくなってしまいました。
せっかくの快勝パターンだっただけに惜しまれます。

最後を締めたヒサノリですが、今季のジャイアンツで1番安心して見ていられる抑えですね。
どう見ても先発型と思われていた彼ですが、意外とリリーフに適性があるかもしれません。
来季、クローザーまではないにしても、セットアッパーでの起用はあるかも?
そのあたり、今後しっかり見極めたいところですね。
(ヒサノリの投球パターンが変わって、相手が戸惑っている感じがあるので、慣れられたらどうかな?)

一方、打撃陣は、今日はよかった!
特に、矢野と亀井が、いいところで効果的な一打を打ったのが、嬉しいですね~!
亀井は、2打席連続ホームラン!
しかも、2本目は、同点に追いつかれた直後の勝ち越しHRでした。
本人が言っているように、どちらも“まぐれに近いHR”でしょうが、彼の場合、いい意味で天狗になって、どんどん乗っていかなくてはいけませんね。
矢野も、5回、チャンスが潰れそうになったところで打ったタイムリーは大きかった。
結局は、これが決勝点となりました。
やはり、プロスペクトが、いい働きをすると気持ちが明るくなります。

20060726200738.jpg
亀井!「天狗になれ!」(ただし、鼻をつけただけではダメです)

でも、1~3番は、相変わらず機能しませんね・・・・・・
もうどうやってもスンちゃんの前に走者を出せないんなら、いっそスンちゃんを1番にして、できるだけ多く打席にたってもらう方がいいかもしれませんね~
(な~んて冗談です)

今日のお立ち台は、矢野と亀井の2人でした。
動の矢野に対して、静の亀井。
対照的で、なかなかいいコンビじゃないでしょうか?
今季のこれからの残り試合、こんな場面を多く見せてもらいたいものですね!


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:6CM:6

☆樹液が出てきたクワガタの木

2006/07/26(水) 15:48:42

人工的にクワガタが集まる木を作ろうということで、
「樹皮に“昆虫ゼリー”を塗り、甲虫類を誘導して、ゼリーと一緒に樹皮をかじり、形成層までかじってもらおう!」
というプロジェクトを開始して10日ばかりがたちました。

で、どうなったかというと・・・・・・

20060726153149.jpg

こんな感じで、樹皮はすっかり囓られ、木部(形成層)が見えています。
樹液も少しですが出ている、というか滲みだしている感じです。

20060726153127.jpg

こうして、昆虫ゼリーじゃなくて、滲みだした樹液を求めて、カナブンたちも集まってくるようになりました。
観察していると、樹皮を囓るのは、このカナブンが大きく貢献しているみたいです。
頭を突っ込んで、がんがん囓ってる。そんな印象をうけました。


20060726153138.jpg

で、こいつは、樹液の出始めた箇所の近くにある樹洞に、ちゃっかり住み着いてるクワガタくん。
彼は、この木で放し飼いを始めてもう1ヶ月以上になるかな?
住み心地がいいのか、ぜんぜん動こうとしません。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
クワガタTB:0CM:0

☆ドラフト候補の近況

2006/07/26(水) 09:09:05

■夏3連覇へ駒苫4年連続代表に!■
南北海道大会で決勝が行われ、駒大苫小牧が11-1で札幌光星を下し、4年連続6度目の甲子園出場を決めた。同大会の4連覇は史上初。
今秋ドラフトの超目玉、田中将大投手は、9安打を浴びたものの16奪三振で1失点完投。



これで、ジャイアンツのドラ1候補の甲子園でのピッチングが、少なくとも1試合は見ることが出来ますね。
チラッとみた印象では、今のところ調子はあまりよくないようですが、ストレートよりスライダーのキレに凄さを感じました。
いずれにしても、その実力がどれほどか?楽しみです。


■鷲宮・増渕竜ノーヒットノーラン!1死球のみ15奪K■
今秋のドラフトの目玉、鷲宮の増渕竜がノーヒットノーラン達成。
2回に出した死球を除けばパーフェクト。15三振を奪い、外野へ飛んだ打球は六回の中飛だけ。
「直球にこだわりたかった」という九回は、12球すべて直球勝負で3者連続三振で試合を締めた。
この快投にネット裏の楽天・高梨利洋スカウトは「ボールに力がある。ドラフト指名する球団は(駒大苫小牧の)田中より多い可能性もある」と高く評価した。

06072615masubuchiMTG00095G060725T.jpg

1988(昭和63)年5月3日、埼玉・草加市生まれ、18歳。草加栄小4から「草加リトルパンサーズ」で野球を始め、投手一筋。草加栄中では3年夏に県大会8強。鷲宮高では1年春からベンチ入りし、同年秋からエース。今春の関東大会は8強。最速149キロ。1メートル84、77キロ。右投げ右打ち。家族は母と弟。

斎藤雅樹を彷彿とさせる、ややサイドハンドから柔らかい腕の振りで伸びのある球を投げます。
以前から注目はされていましたが、ここにきて評価が急上昇!
彼も甲子園で見てみたいですね~


■大阪桐蔭・中田3戦連発4号!■
2年生4番の大阪桐蔭・中田翔外野手(2年)がまた打った。
1回戦から3試合連続となる4号。
PL学園・清原の1大会5本塁打はもちろん、PL学園・福留の持つ大会記録(7本塁打)も射程内とした。

20060726_120930-1.jpg

恐るべし!中田翔!

っと、言ってるそばからまた打ちました!

<大阪桐蔭の怪物中田、4戦5発>
甲子園への第一関門といわれるセンバツ出場の履正社との一戦で、中田翔外野手が本塁打を放った。
今大会は絶好調で、1回戦の淀商戦で2発、2回戦の柴島戦で1発、3回戦の阿武野戦でも1発を放っており4試合連続の5本目のアーチ。
これで高校通算46号。中日福留(PL学園)の持つ大阪大会の1大会最多7本塁打まであと2本に迫った。

凄すぎ!


■堂上 虎への恋心チラリ■
高校通算55本塁打の大型スラッガーが虎への“恋心”をちらつかせた。「小さいころから中日ファンですけど、タイガース好きですよ」と試合後、笑み交じりで話した。地元球団への思いはあるが、阪神にも強い愛着を感じさせた。

20060725-00000014-spnavi_ot-spo-thum-000.jpg

やっぱりね~
彼が、もし阪神にせよ中日にせよ入団したら、またまた手強くなる予感。
ジャイアンツに入団しないかな~
(ジャイアンツのスカウトもマークしているので、田中から方向転換の可能性も?)




☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:1CM:0

×巨人 後半戦も黒星スタート

2006/07/25(火) 22:17:15

広 島 4−2 巨 人

今日から後半戦がスタート。
しかし、残念な結果になってしまいました。

ひょっとしたら、ころっと流れが変わるかも?
なんて甘い期待もありましたが、やはりそう簡単には変わるわけがありませんね。
ここというときに守りきれず、ここというときに攻めきれない。
やっぱり打つのはスンちゃんだけ、という結果でした。

でも、一番残念だったのは、ジャイアンツの戦い方が、あまり変わらなかったこと。
ライトに亀井を入れ、ファームから脇谷をあげて、少し育成の兆しが見えてはいるのですが・・・・・・
「もう、思い切ったらいいのに~」ともどかしく思ってしまいます。

今日の日テレの解説は、星野さんと山本さんの同級生コンビ。
2人とも、チーム作りや選手の育成について、すごく納得できる意見をおっしゃっていました。
特に星野さんの発言は、チーム作りのビジョン、将来を見据えた選手の起用法など、いちいち納得、同感でした。
(星野さんに、そのとおりだな~と思わされるのは、なぜが悔しいのだが・・・・)

でも、その星野さんですら、「ジャイアンツは勝利を宿命づけられているから、選手の育成に専念するわけにはいかないが、“育成2割、勝利8割”で戦ってもらいたい。」としか言えないのが不思議です。
先日、うるぐすでも、江川さんが、「勝利と育成とどちらをとるかといわれたら、夏休みも始まるし、ジャイアンツの場合は、勝利を優先させざるを得ないだろう。」と予想していました。

そうなのかな~?
「勝利を優勝を宿命づけられている」って、誰が言ってるんでしょうか?
誰がそう思っているんでしょうか?
ファンは、「なにがなんでも勝ってほしい」と思っているんでしょうか?
この期に及んでも、「今年どうしても優勝してほしい」と思っているファンがそんなに多くいるのでしょうか?
個人的には、「常に勝つことを宿命づけられている」からこそ、「今は勝利を度外視して、育成をチーム作りを最優先させる」と考えてもらいたいんですけどね・・・・・

さて、明日は、せっかく上がってきた脇谷くんをスタメンで見てみたいな~
是非、2番セカンドで!
二岡は、また3番に戻して、1番矢野くんで8番亀ちゃん。
これでいいと思うんだけどな~


亀井、犠牲フライはよかったけど、チャンスの場面では、思い切って振り切らなきゃダメ!


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:8CM:8

☆83年日本シリーズ 西武vs巨人 第6戦

2006/07/25(火) 08:07:03

歴史に残る日本シリーズでした。

この時は、勝ったと思ったなぁ~




☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:0

◇巨人のドラ1候補?

2006/07/24(月) 22:47:24

高校野球の地方予選で、注目の2人が“さすが”というところを見せています。

<中田翔(大阪桐蔭)、2試合連続満塁弾!>
強引にすくい上げた。9点リードして迎えた6回2死満塁。フルカウントからの6球目だ。地面すれすれの低いボールに大阪桐蔭・中田は、太い両腕を伸ばした。コールド勝ちを決めるアーチが、左翼席中段へかかった。「芯に当たった。高く上がり過ぎたけど入ってよかった」2発を放った15日の対淀商1回戦(万博)に続く、2試合連続の満塁弾。183センチ、91キロの体を揺すって、悠然とダイヤモンドを1周した。
 狙っていた。「悔しいままで試合を終わらせたくなかった」1死二塁で回ってきた5回には無念の敬遠。勝負を避けられたことが、高校通算43発のスラッガーを燃えさせた。「見逃せば余裕でボールだった。でも、打つと決めていた」打席に入る前から心の中で放物線を描いていた。
 早くも2試合で3本塁打。目標はズバリ10発だ。大阪大会の最多記録は1995年にPL学園・福留孝介(当時3年、現中日)の7本。「1回戦で2本打ったときに同級生から『8本やったら中途半端や。10本を狙え』って言われて、そうやなって答えてしまった」と苦笑いした。
 この日は3番・謝敷正吾(3年)も2ランを含む2安打2打点と昇り調子。西谷浩一監督(36)は「いい場面で打ってくれた」と、主軸の好調ぶりに目を細める。頂点まであと5勝。末恐ろしい“新怪物”が、伝説を作るチャンスは十分ある。

(以上、スポーツ報知より引用)

20060723_118835-1.jpg

う~ん、恐ろしい!
まだ2年生ですからね~
もし、この予選で、PLの前田くんとの対決が実現したら、これは見物です。
この対戦、是非甲子園の舞台で、じっくり見てみたいと思いますが、それは叶わぬ事。
大阪は、レベルが高すぎますね。
(大阪からも2校というわけにはいかないのでしょうか?)


一方、ジャイアンツが1位指名するのではないかという田中くん(駒大苫小牧)が、甲子園への大きな関門を突破しました。

<田中、北照を完封して甲子園に王手>
駒大苫小牧が完封勝ちし、南北海道初の4連覇へ王手をかけた。
最速146キロ右腕、北照・植村祐介(3年)から放った安打は1本だけだったが、エース田中将大(3年)は要所を締める投球を披露し、5安打9奪三振で完封。チームの公式戦連勝は「43」に伸びた。
 プロ注目同士の投手戦を制してお立ち台に上がった田中は「ゼロに抑えられたので70~80点。1-0で勝てばカッコいいと思い、投げていても楽しかった」と、甲子園胴上げ投手らしい余裕の表情で振り返った。1回からピンチを背負ったが、得点圏に走者を置くたびに表情が変わり、伸びのある直球、切れ味鋭いスライダーで打ち気の相手打者を手玉に取った。夏の甲子園3連覇に向け、第1関門突破へあと1勝とした香田誉士史監督(35)は「田中は走者を出しても粘り強く投げてくれた。連覇は意識しないで戦いたい」。締めの言葉は前年同様、ナインにも通じているようだ。

(以上ニッカンスポーツから引用)

どちらも、全国から有力選手をセレクトしているチームだけに、ハイレベルな戦いだったようです。
ジャイアンツ加登脇の後輩の植村くんは、さすがにプロ注目の逸材だけあって、駒苫をわずか1安打に抑えましたが、田中くんのツボを心得たピッチングと試合巧者ぶりの前に惜敗でした。

h-bb-060724-0009-ns.jpg

この試合も甲子園の舞台でみてみたかったですね。
今大会、田中くんは、決して絶好調というわけではないようですが、ジャイアンツの“ドラ1候補”のピッチングを是非甲子園でじっくり見てみたいものです。



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:0CM:0

☆オールスター第2戦

2006/07/23(日) 23:00:15

今日もてっきり雨天中止だと思っていたんですが、できましたね~
九州地方では、各地で大雨による被害が出ているにもかかわらず・・・・・
宮崎のファンの皆さん、よっぽど日頃の行いがいいのでしょうね。

今日のオールスターも楽しめました。
セ・パの多士済々の選手達が、いろんな見せ場を作ってくれました。

で、ジャイアンツ勢も地味ながら、ちゃんと仕事をしてくれましたしね。
初登板の内海は、きっちり責任回数を1安打無失点と立派なピッチング。
(あっぱれ内海、よかった、よかった~)
二岡も阿部もヒットを打ちましたし、スンちゃんもあわやHRの犠飛で打点をあげました。
(あと、阿部が、第1戦の二岡に続いて、新庄のダイビングキャッチを生む打球を打ったのも見逃せません)
でも、8回の勝ち越しのチャンス、一打出ればMVPという場面で、阿部は簡単にファールフライを打ち上げたのに対して、阪神の藤本がしぶとく三遊間を割るタイムリー。
これが、今の巨人と阪神の差をよ~く表しているのかなぁ~と思うと、すごくさびしい気がしました。
(残念ながらこれが現実、真摯に受け止めねば・・・・・)

そして、今日のハイライトもまた阪神の藤川、清原との対決でした。
この対決といえば、去年、例の清原の問題発言が物議を醸しましたが、今やそんなことは誰にも言わせないほど藤川は成長していますね。
結果は、予想通り、清原が空振り三振で藤川の勝ちでした。
藤川は、直後のインタビューで「本当は、清原さんにホームランを打たれたかった」と言っていましたね。
“憧れだった打者に、最高のボールを投げて、その球をものの見事にスタンドに打ち返されてみたい”
この気持ち、すごくよくわかる気がするな~

今年のオールスターは、ホントに久々に楽しめた2試合だったのではないでしょうか?



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
野球の話題TB:5CM:2

◇セットアッパー最強説

2006/07/22(土) 22:17:24

今日の宮崎は雨。
サンマリンスタジアムで予定されていたオールスター第2戦は、順延になりました。
明日も予報は悪く、ひょっとしたら中止になるかもしれませんね~

せっかくの“モンチ内海”の球宴初登板が実現しないかも?
そうなったら残念でしょうね~
明日は、なんとか試合ができればいいのですが・・・・どうかなぁ~

さて、今日は、昨年阪神が、いわゆるJFKの活躍でリーグ優勝した時から思っていたことを書いてみたいと思います。
題して、「セットアッパー最強説」

抑え投手の重要性が叫ばれてから今日まで、「抑えの切り札」と言うがごとく、リリーフ投手の中で1番いい投手を1番最後に投入して、リードを守りきる。
これが、大部分のチームが採用しているゲームプランだと思います。
でも、それは、必ずしも最良の策ではない。
つまり、1番力のある投手をセットアッパーで起用し、2番手をクロザーで使う。
これが、「セットアッパー最強説」です。

思うに、僅差の試合の場合、先発が疲れてくる試合の終盤は、勝敗を左右する場面が巡ってくる可能性が大きくなります。
当然、継投によって、相手の反撃を断つ必要が出てくるわけです。
終盤を7~9回とした場合、勝利を得るために最も重要なイニングが9回であると言い切ることができるでしょうか?
確かに、最終回は、「もう後がないというプレッシャーがある」という面で、他の回より抑えるのは大変だという面はあります。
でも、むしろ勝敗の分かれ目とか、ゲームの山場自体は、それ以前にある事の方が多いのではないでしょうか?
9回だけを、重要なイニングと考えすぎてはいないでしょうか?
逆に言えば、1番いい投手を9回に温存することによって、逆転を許したり、試合を壊したりすることがあるのではないでしょうか?
そうなった場合、1番の投手の登板機会が減ることになります。
これは、間違いなくチームにとってデメリットになるはず。
(宝の持ち腐れってやつですね)
いわゆるターニングポイントで、1番の投手をどんどん使うことの方がメリットが大きいといえるのではないでしょうか。

これを実際に実現しているのが、阪神のJFK。
これは単にアメリカ元大統領の頭文字になぞらえているのではなく、奇しくも本当に重要な場面では藤川を投入しているということを表しているのです。
JFK以前にも、中日の 岩瀬→ギャラード のセットにもこの説があてはまると思いますし、ジャイアンツでは、いわゆるひとつの“勝利の方程式”と言われた 橋本→石毛 のコンビがそうだと思います。


最強のセットアッパーだった橋本投手

今のジャイアンツで考えてみたとき、
(この際、各投手のピッチングスタイルや連投がきくかどうかなどの、タイプを無視したとして)
セットアッパーに上原、クローザーにパウエルを起用して、内海以下の投手を先発として使うということになります。
どうでしょう、また違ったゲーム展開がみえてきませんか?

これからのプロ野球は、 「セットアッパー最強説」 が主流になるやもしれませんぞ~



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
野球の話題TB:0CM:3

オールスター第1戦

2006/07/21(金) 21:45:11

今年のオールスター第1戦は、久々に楽しめるいいゲームだったのではないでしょうか?

今日のキーワードは「最後」かな?

今年のオールスターが最後となる、新庄。
最後になるかもしれない、清原・古田、そして松坂?
それぞれが、それぞれの思いを持って、ゲームに臨んでいたように思えたし、
見る方も、「彼らのプレーを目に焼き付けよう」みたいな特別な思いがあったのではないでしょうか。

みんな、いい味を出してくれたと思いますが、中でも、やはり新庄はさすがでした!(笑)
ホントにお祭りが似合う選手ですね。
川上のとんでもない暴投も、三浦の超スローカーブも、青木のエラーまでも、何か新庄のパフォーマンスを期待してのプレーのようでした。
そして、新庄も応えてくれました。
レインボウのバット・アンシャツ・リストバンドはともかく、あの電光掲示ビッグバックルには、「そこまでするか~」って感じでした^^。
そして、二岡の打球を、(おそらく由伸なら気絶して担架で運ばれたであろう?)見事なダイビング & 顔面強打キャッチ!
あれは結構強く打ち付けてますが、すぐに笑顔で立ち上がり、そして一筋の鼻血も流さないところに、スター性とプロ根性を感じました。
あっぱれ新庄!
今年で引退するのはかまわないけど、来年もオールスターだけは出場してください。
どうか、新庄に特別出場枠を!

そして、最後の回に、“ディス イズ オールスター”を見せてもらいました。
藤川 VS カブレラ
藤川 VS 小笠原
これは、実に凄かった! まさにプロの対決でしたね~

f-bb-060721-3302.jpg
”まっすぐ”だけですよ~

藤川のストレート、あれをジャイロボールというのでしょうか?
凄い伸びですね~
なにしろ、カブレラと小笠原が、ストレートしか来ないとわかっていて連続空振り三振ですから。
その後、クルーンが159kmを投げましたが、正直、藤川の後では色あせてみえました。
それほど、あのまっすぐは、すばらしい!

実は、最近のオールスターって、あまり好きではなく、興味も薄らいでいました。
でも今日は、パフォーマンスと迫力の対決、まさに夢の球宴を楽しませていただきました。
ただ、ジャイアンツの選手が、絡んでいないことに一抹の寂しさを感じてしまいますが・・・・
(おっと、スンちゃんが、松坂から同点2塁打を打ってたんだった!)



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
野球の話題TB:1CM:4

☆江川投手の8連続三振

2006/07/21(金) 06:26:19

オールスターといえば、やはり最初に思い出すのが、

「江川の8連続三振」です!

この時は、興奮したな~
三振を重ねるごとに、だんだんスピードが乗ってきて・・・・



最後は、外すはずのカーブがストライクゾーンに入って、当てられたわけですが、
もう一息で記録を達成できないのも、江川さんらしかったですよね。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:2CM:0

☆巨人の補強を考える

2006/07/20(木) 21:03:17

オールスターを前にしたこの時期、大変心苦しいことではありますが、今日はジャイアンツの補強について考えてみたいと思います。

<コンセプト>
①FA選手の獲得による補強は、一切行わない。
②主力級を獲得する、いわゆる大型トレードは行わず、サポート的選手(右の代打or左のワンポイントなど)のものに止める。
③ドラフトは、最も重要な補強の手段であるため、即戦力と長期的方針に沿ったバランスのいい指名を行うこと。
④外国人の獲得は、数年後を考え、若手の成長を阻害しないよう注意すること。また、決して来年を勝つためだけに、特殊な契約をしてまで獲得しないこと。
⑤松井稼頭夫は獲得しないこと。


っと、まあこれが、大きな方向性でしょうか?

では次に、現在のジャイアンツに不足していると思われる個々の補強ポイントについて、それぞれ具体的方策を考えてみたいと思います。

・右打者(特に内野手)
(現在、かなり左打者に偏った選手構成であり、左腕に対しては、相当貧弱な打線になってしまいます。小久保が福岡に復帰することを想定し、次代を担う右のスラッガーが欲しいところです。)
△育成:ファームでは、唯一山本が期待されますが、現在までは鳴かず飛ばず。九州のカブレラの打撃開眼が待たれます。
◎ドラフト:小久保に代わる右のスラッガーとなると、チームの中心を担える選手が理想。
となると、ここで、もっとも重要なのがドラフトでの補強になります。
つまり、将来を大いに期待できる逸材の指名・獲得です。
今年のドラフトでは、高校生は田中将大投手(駒苫)の1位指名の方針のようですが、個人的には、堂上遊撃手(愛工大名電)に大いに魅力を感じています。
さらに、来年のドラフトでは、大阪桐蔭の怪物中田くんをどうしても獲得したいところ。
いつしか、ショート堂上、サード中田なんてことになったら・・・・なんて遠い夢を見るのであります。
ただし、即戦力となると、ちょっと難しいので、時間が必要でしょう。
○外国人:若手が育つまでの間、助っ人にたよることもやむなし。ただし、巨人国際部が自前で発掘すること。
×トレード:ここは、トレード補強は、断じて不可。

・1、2番打者
(ご存じのように、今はまったく機能していません。このコンビを作ることは急務です。)
◎育成:これは、まず、矢野・亀井・脇谷あたりを鍛えることが第一。鈴木は、年齢及び体力的な面から、ここ一番の代走として使う方が得策か?
○ドラフト:1・2番タイプの選手の指名。
今年、気になっているのは、早稲田の前田将希外野手。163cmと小柄ですが、走塁センスは抜群で、大石大二郎を彷彿とさせる典型的なリードオフマンタイプと思われます。
ジャイアンツは、175cm以下は指名しない方針があるような気もしますが、時にはこういった選手の獲得も必要ではないでしょうか?
△外国人:当面、助っ人に頼ることも考えられますが、そういうタイプの選手が少ない気がしますし、根本的な解決にはなりません。
×トレード:ここもチームにとって、重要な部分だけに、他球団からのドレードは避けます。
間違っても、松井稼頭夫を獲って1番ショートで使おうなどと考えないことです!

・左のリリーフ
(現在は、ヒサノリと林ですが、先発との兼ね合いもあり、また、左の強打者も多いだけに、ワンポイントもこなせる左腕が欲しいところ。)
△育成:ファームにもリリーフがこなせる左腕はいない?だけに、早急な補強が必要。
○ドラフト:即戦力の大学・社会人で、はじめから救援・ワンポイントでの起用を想定した指名を!
○トレード:ここは、トレードでの補強も十分視野に入れますが、折り合いがつくかな?
○外国人:変則サイドハンダーのパワーピッチャーが獲得できれば・・・・でも、なかなかいないだろうな~

・捕手
(これは、スンヨプ移籍後の阿部の1塁コンバートを想定しています。)
◎育成:打撃が開眼した感のある加藤と、キビキビした守備と肩がある星の2人を育てることが第一。
○ドラフト:今年は、大学生の捕手に即戦力級の実力派が揃っています。
東洋大の田中、白鴎大の高谷、国学院大の嶋などがそうです。
捕手を必要としている球団は多く、上位指名が予想されますから、自由枠での大隣投手獲得に失敗した場合は、捕手を自由枠で獲得してもいいかもしれません。
(個人的には、動きにキレのある田中捕手がいいかな?)
×トレード:守りの要は、自前で育てましょう! それに人材がいないです。
×外国人:これは、いろんな意味で、非現実的です。

・抑え投手
(今年は、豊田を獲得するも、なかなかうまくいかず。最近では、河原が1年間機能しただけです。近代野球では、角投手のような絶対的抑えが必要不可欠です。)
◎育成:現有戦力の中から、適性を見極めながら育てます。西村・林・福田・野間口あたりが有力?
△ドラフト:新人がいきなり抑えというわけにはいかないでしょう。しかし、数年後を見据えて、初めからリリーフタイプの投手の指名も必要です。
×トレード:チームの中核をなすポジションですから、自前で育成しなければいけません。それに、今が旬のクローザーの獲得は事実上無理でしょう。
○外国人:育成がベストですが、次善の策として現実的なのが外国人の獲得。
”左のリリーフ”と同様、左腕の変則パワーピッチャーがベストだが・・・・・

以上、思いつくままだらだらと、とりとめのない絵空事?を書きました。

このなかから、ひとつでもふたつでも実現したら嬉しいのですが、読売フロントは、原監督は、そしてナベツネさんは、どう考えているのでしょうか?


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:0CM:13

☆SFアニメ

2006/07/20(木) 11:34:05

昔のSFアニメといえば・・・・


<エイトマン>




<遊星少年パピィ>




<鉄人28号>




<宇宙少年ソラン>




☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
その他動画集TB:0CM:0

☆おそ松くん・もーれつア太郎

2006/07/20(木) 10:54:44

赤塚不二夫さんの作品で好きなのが、この2つ。


<おそ松くん>
六つ子の名前が、なかなか全部覚えられなくてね~
(ちなみに今でも言えません)





<もーれつア太郎>
一般的には、おそ松くんよりマイナーですが、個人的には、こっちの方がメジャーです。
ニャロメとケムンパスのマンガを書くのが得意でしたし、デコッパチのまねをして頭突きしたら脳震とうになりそうになったことも^^。











☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
その他動画集TB:1CM:0

☆赤き血のイレブン

2006/07/20(木) 10:33:19

なつかしや~

メキシコ五輪のころのアニメだったかな?

<赤き血のイレブン>
こちらは、サッカーの釜本選手たちがモデルだったかな?
私、これでサッカーというスポーツを知りました。
サッカーボールを買ってもらって、シュートのまねごとをしたっけ。
(ただし、シュートとは、ボールにシュート回転をかけることだと思ってましたけど・・・・)




<アニマル1>
こちらはアマレスのアニメ。
このころは、プロレスとアマレスの区別もつきませんでしたが、なぜか憧れてました。
主題歌も、妙に耳に残ってるな~




☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
その他動画集TB:0CM:0

☆なつかしの後楽園球場

2006/07/20(木) 10:24:15

かつてのフランチャイズ、後楽園球場。

いろんなドラマがありました。

でも、ジャイアンツファンの中でも、実際に知らない人も多くなったでしょうね~

後楽園球場の歴史を振り返ってみましょう!





☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:0

☆王巨人初優勝!

2006/07/20(木) 10:09:21

王監督が、監督に就任して4年目での初優勝です。

ビールかけはいつ見てもいいものですね~





☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:0

☆愛の戦士レインボーマン

2006/07/19(水) 23:10:57

1972年の作品。
主人公のヤマトタケシが、インドでヨガの行者ダイバ・ダッタにレインボーマンになる術を授かり、反日結社”死ね死ね団”と戦うという物語。

で、この”死ね死ね団”のテーマがすごく過激。
これホントに放送していいの?って感じなんですが・・・・・・







        ↑
これは、アウトでしょうか?  セーフでしょうか?




☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
その他動画集TB:0CM:0

☆怪奇大作戦

2006/07/19(水) 22:45:02

これは、放送禁止になっている「怪奇大作戦」の第24話「狂気人間」です。

心神喪失者は、罪を問われないということを逆手にとって、犯人が、故意に一時的精神障害者を作り出して殺人をさせるというストーリー。

かなりハードな内容で、精神障害者に対する偏見や誤解を助長する場面もあり、放送禁止もやむなしかな?











どうお感じになったでしょうか?


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
その他動画集TB:0CM:0

×巨人 阪神の投手リレーに完敗

2006/07/19(水) 21:32:12

巨 人 0−1 阪 神

甲子園で、今日試合ができるとは、思っていませんでした。
この3連戦は、すべて雨天中止を覚悟していたんですが、幸か不幸か球宴前の最終試合にプレーボールがかかりました。

それにしても、すばらしい投手戦でした。
中4日の上原は、セットポジションから、非常に丁寧な安全運転のピッチング。
かといって、球威が落ちるわけでもなく、危なげないすばらしい出来でした。

しかし、打線は、それに応える事が出来ません。
でも、福原と藤川のリレーの前では、しょうがないんでしょうね~
あんなピッチングをされては、今のジャイアンツ打線では、手も足も出ないでしょう。
やはり、相手投手に心理的プレッシャーを与えられないのは痛いですね。
調子のいい彼らに、見下ろしで投げられては、ちょっと・・・・・・・
上原が不憫です。
もう5回ぐらいから、終盤に阪神に1、2点とられて、完封負けのシナリオが見えてましたね。
今のチーム力の差を考えれば、予想通りの結果といえるのではないでしょうか?


上原、辛いな~

それにしても、藤川の低めに決まるストレートは、すばらしいの一語に尽きます。
あれだけのストレートは、今まで見てきた中でも1番じゃないかな?
敵ながら惚れ惚れしますね。

さて、試合結果はさておき、今日も1番二岡の打線でした。
個人的には、この打順が機能しているとはあまり思わないし、例え機能したとしても未来には繋がらないと思うのですが・・・・・
球宴明けには、なんとかならないものか・・・・・

あと、安心したのは、由伸の肩。
決勝点となったセンターフライ、生還は許しましたが、あの返球ならまずは合格点でしょう。
これで、先日の力ない返球は、捕球の方に問題があったと考えていいと思います。
でも逆に、今日の鳥谷のヒットを二塁打にされるあたり、今度は脚力に問題あり?なんて思ったりして・・・・・

<蛇足>
スンちゃん VS 藤川の対決は、なかなか見応えがありましたね。
やはり、スンちゃんクラスの打者が、クリーンアップに並んでいないと、今日のような投手とは勝負になりませんかね~

この対決を見ていて、ふと「松井秀喜と藤川の真剣勝負を見てみたい!」なんて思っちゃいました。



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:6CM:6

☆王選手ホームランの足跡

2006/07/19(水) 14:37:30

私のとっては、少年時代のヒーローでした。

思い出しますね~^^。






☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:0

☆ウルトラセブン第12話

2006/07/19(水) 11:21:56

今では放送禁止になっているウルトラセブン第12話、
「遊星より愛をこめて」です。

見てみると、個人的には何が問題なのかな?と思いますが・・・・・

放送禁止のきっかけは、雑誌にこの話に登場する ”スペル星人” を ”ひばくせい人” と表記したことに反核団体が差別的と抗議したことだったらしいが・・・・・・









どうお考えになるでしょうか?


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
その他動画集TB:0CM:0

▽阪神ファンの蛍の光をどう思う?

2006/07/18(火) 21:59:56

相手投手がイニング途中に降板する際、トラファンが大合唱する「蛍の光」の是非が、阪神ファンの間で物議を醸しているようです。
きっかけは、デイリースポーツに掲載された野球評論家江夏豊氏のコラムでの、「投手に対する侮辱。やめてもらいたい」との提言だとか。

6月5日のコラム掲載後、当初は「現行のままでいい」「全面的にやめるべき」など意見が分かれたようですが、7月上旬の話し合いで部分撤廃が決定。
同曲の合唱は、阪神が優勢時に相手投手がイニング途中にKO降板した場合に限定し、同点時や劣勢時には、新たに製作された「オペレーションビクトリー」を合唱することが決まったとのこと。

確かに、江夏さんのおっしゃることは、至極ごもっとも! 
投手経験者としては、当然のことかもしれませんね。

ただ、個人的には、巨人ファンとして、あの「蛍の光」がすごく頭に来たっていう記憶はないんですよね~
(もちろん、気持ちいいものでないことは確かです)
口汚い野次を飛ばしたり、「サヨナラ!サヨナラ!○○○」っていう大合唱よりは、よほど許せる気がしていました。
優しい曲のせいか、どこかに少しは「ご苦労さんやったな~」という意味が込められている気もしたりして・・・・・
それに、最低限の節度さえあれば、プロ野球の観かた、楽しみ方って自由だと思いますしね~
(最低限の節度の定義は難しいですが、蛍の光はセーフだと思う)

でも、まあ、ケガで降板する投手や、新人などまだ経験の浅い選手に対しては、確かにどうかとは思います。
そういう意味では、阪神応援団の決定は、いかにも日本人的で、見事なソフトランディングと言えるかもしれませんね。

それはともかく、我らがジャイアンツの投手陣は、「蛍の光」なんかでへこまない、タフな精神力を持っていてほしいものです。
(今は、かなりあやしいかも・・・・ ファンも含めてね~)
いや、それ以前に、蛍の光を歌わせないことができればいいのだが・・・・(汗)

皆さんは、この「蛍の光論争」どうお考えになるでしょうか?



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
野球の話題TB:0CM:6

◇OPS とは?

2006/07/17(月) 21:50:49

ご存じの方も多いと思いますが、OPSという指標があります。
これは、On-base plus slugging の略だそうで、
出塁率+長打率 
で表されます。

この指標は、得点との相関関係、つまり「どれだけ得点に絡んでいるか」を示す数字。
最近メジャーでは、OPSは打者評価の指標として有用性が広く認められていて、ファンの関心も集めているとのことです。

ちなみに、このOPS、一般的には、0.8を超えるとレギュラークラス、0.9台で優秀な打者、1.0を超えると球界屈指の強打者ということになるのだそうです。

去年でいうと、パの首位打者和田のOPSは0.970(パ・リーグ4位)、セのHRキングの新井は0.956(セ・リーグ4位)、セの打点王今岡は0.834(セ・リーグ11位)、セの首位打者青木は0.804(セ・リーグ15位)となっています。
このように、OPSによる評価は、打率、打点、HRだけの評価に対し、チームへの貢献度を測る指標といえるかもしれませんね。
(ただ、やや長距離打者に有利な数字がでる傾向があるため、出塁率をもう少し重視した算出法もあるようです。)

参考までに、今までの最高記録は、日本では、74年の王選手の1.293、メジャーでは、04年のボンズの1.421となっています。
(これはスゴイ!)

で、早速、今年のジャイアンツについて算出してみると以下のとおりとなりました。

20060717204824.jpg

これをみると、やはりスンちゃんは突出した存在。堂々と4番に座っていると言えるでしょう。
また、欠場で規定打席には足りませんが、矢野の数字は立派。
あとは、1年間コンスタントに働けるかどうかです。
一方、由伸の数字は、まったくもの足りません。
さらに、清水、仁志となると・・・・・

今度は、セの規定打席に達している選手の数字です。
20060717205652.jpg

右の打率ランキングとの違いをみてみると、おもしろいかもしれませんね。

皆さんは、このOPSという指標、どうお考えになるでしょうか?


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
巨人関連企画ものTB:0CM:2

◇明日のG戦士?(高校生編)1

2006/07/17(月) 07:41:23

今年も、夏の甲子園を目指す高校野球の地方予選が始まりました。
ひょっとしたら、明日のG戦士かもしれない注目の選手達の夏もスタートです。

大阪では、辻内くんの後輩、昨夏出場の大阪桐蔭・中田翔(2年)と一昨年の夏を経験しているPL学園のエース・前田健太(3年)が、ともに2本塁打と打撃力を見せつけました。

<以下スポーツ報知より引用>
 あいさつ代わりの一発が、左翼席中段に突き刺さった。初回だ。四球で出た3走者を置いて大阪桐蔭の4番・中田のバットが火を噴いた。「チャンスだから思い切り打つことだけを考えた」2球目、外角高めのカーブ。体勢が崩れ、泳ぎながらも両腕を必死に伸ばしてまっ芯に当てた。ライナーでフェンスを越える満塁弾だ。



 この一発だけでは終わらない。11点リードで迎えた3回2死にも左翼席へ放り込んだ。「打った瞬間、行ったと思った」会心の手応えを残した高校通算43号。笑顔も見せず淡々とダイヤモンドを一周する背番号7に観客の視線が集中した。「打撃は超高校球。打球の勢いが全然、違う。スター性もあるよ。打って欲しいときに打てるのは、その証明」ネット裏から見守った巨人・益田スカウトも驚嘆のまなざしを送った。

PL学園のエースで4番、前田が春夏連続出場へいきなりアーチを描いた。2回、高めのカーブを左翼席へ、今大会初打席で先制弾を放つと、5回2死二塁には高めのストレートを叩いた。左翼90メートルのフェンス後方に並び立つ木々を越え、場外に消える。「2本目はちょっと狙いました」5回コールド勝ちを決めた“サヨナラ弾”にニヤリだ。
 試合前に、大阪桐蔭・中田の2発を伝え聞いていた。「意識はしなかったですよ。僕なんか、中田の打撃に比べれば、大したことないですから」と謙そんしたが、「桑田2世」の初戦パフォーマンスは、ど派手な打撃だけで終わらない。


20060716_113754-1.jpg

 エースとしての役割も果たした。公式戦の登板は、4強入りした今春のセンバツ以来。この日の最速は自己ベストには5キロ及ばない143キロ。それでも「コースは特に狙わなかった」と力で押し、7三振をすべて直球で奪った。4回を1安打無失点に「いい緊張感でした」と余裕で振り返った。今秋のドラフトで1巡目指名の方針を固めている広島の宮本スカウトは「自然体でやっていたね。高校生の球筋じゃない」とネット裏で目を細めた。

前田くんは今年、中田くんは来年のドラフトの目玉。
特に中田くんは、今後の成長次第では、清原以来の超目玉になる可能性あり。
肘を痛めたことが、逆に“打者中田”を磨くきっかけになるかもしれませんね。

2人とも是非甲子園で見てみたい選手ですが、それは不可能。
レベルの高すぎる大阪、予選も大いに注目です。

そして沖縄では、全国のトップを切って八重山商工が甲子園出場をを決めました。
先発したドラフト候補右腕・大嶺祐太くん(3年)が3失点も完投。
最速は140キロ(自己最速は147キロ)止まりで、本調子ではなかった模様。
こちらは、甲子園で見ることができそうですが、肩に違和感を覚えているのが気になるところです。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:0CM:0

○巨人 矢野のHRでヤクルトに連勝!

2006/07/16(日) 22:44:10

巨 人 4−3 ヤクルト

見事な継投と矢野の決勝ホームランで、ジャイアンツが連勝です!

先制を許したものの、3回に由伸のHRと連打ですぐさま逆転。
やはり、昨日の勝ちで流れが少し変わってきたようです。
ただ、それ以降は、8回まで打線が沈黙。
9回も矢野のHRあとの追加点のチャンスも活かせませんでした。
まだまだ本調子とは言えないようですね。

投手陣は、先発の西村はいまひとつの出来。
4回にピンチを迎えると、早々と交代させられてしまいました。
勝つためには、妥当な交代だったのでしょうが、個人的には、育成を考えて、続投でよかったかなと思いました。
その後、真田は打たれはしましたが、継投のタイミングも起用された投手もよかったのではないでしょうか。
それにしても、理由はよくわかりませんが、西村は先発では結果がでませんね~
久保あたりと入れ替えてみるのも、面白いかもしれません。
また、どう見ても先発型と思えるヒサノリですが、意外とリリーフで新境地を開いたような気もしますね。
気持ちがしっかり前に出て、攻めの投球をしていることで、彼の持ち玉のかわすボールが活きているように感じます。
クローザーまではどうかと思いますが、セットアッパー起用は十分アリじゃないかな?

打撃陣では、やはり矢野の活躍が嬉しいですね。
今後のことを考えれば、どうしても伸びてこないといけない選手ですから、彼が打って勝つことは意味があります。
これからシーズン終了まで、コンスタントな活躍を続けてほしいところです。


今日も光った矢野っち!

結局は、この3連戦、いずれもサウスポーの先発に対して、1番二岡で戦いました。
このオーダーは、あくまでも今を勝つための左対策打線。
二岡も決して状態がいいわけではなく、個人的には邪道だと思っています。
あすからの阪神戦、どういうスタメンを組んでくるか注目ですね。

<追記>
今日の試合で、二岡の三遊間の打球処理をみていると、踏ん張ることができずに送球を断念するシーンがありました。
以前も触れましたが、下半身はパンク寸前じゃないでしょうか?
おそらく、最近の打撃不振もその影響が大きいはず。
心配です。
来季以降のことを考えた場合、彼の打撃を活かすためには、やはりサード、できればレフトコンバートも考える必要があると思うのですが・・・・・・
でも、二岡に代わるショートがいないし・・・・・
そのあたり、今から手を打つ必要があると思いますがね~



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:2CM:9
ホーム全記事一覧次のページ >>

プロフィール

テルテル

  • Author:テルテル
  • 【年齢】 もういい歳
    【血液型】B型 
    【星座】 かに座
    【趣味】
    野球観戦
    (正しい巨人ファン)
     クワガタ採集
    (放し飼いもしてます)
     読書
    (ミステリー中心かな)
     化石掘り
    (ロマンを感じます)

    【たまに登場する人物】
      妻 :チヤ
     長男:シン
     長女:ハル
     次男:テン

今日はどんな日?

月の暦でございます!

<06 | 2006/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード

ブログ内検索

アンケート





LinkShare アフィリエイト

【自動更新】アトリエカタログ125*125

「ホビー商品大集合」icon

オフレコの別館

今年の部屋履きはコレ! アディダス:ロッカールームソックス3/579796【adidas アクセサリー】 20061027祭10

大切な人に贈るギフトアイテム

オフレコ書店

ジャイアンツ関係
今までに読んだ面白いミステリー(国内編)
今までに読んだ面白いミステリー(海外編)
クワガタ
iPod関連アイテム
最近読んだ本
 by G-Tools





Copyright(C) 2006 オフレコの記録 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。