オフレコの記録

正しい巨人ファンによる、ジャイアンツ応援ブログ!

最近の記事+コメント

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ目次(別窓)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
スポンサー広告

×救援が打たれ5連敗

2006/09/30(土) 21:48:19

広 島 5−3 巨 人

今日の先発は、今や実質的エースといっていい内海くん。
まずまずいいピッチングでした。
7回のピンチも自分の力で切り抜けて、あとは 豊田 → ヒサノリ で逃げ切りの予定だったんですけど・・・・・
まあ、打たれることもあるでしょうから、しょうがないんですが、ちょっと不甲斐なかったですね・・・・・
内海に勝ちをつけてあげたかったです。


モンチくん、残念・・・

打線も初回こそいい攻撃でしたが、その後は阿部の一発だけ。
相変わらず打てませんね~
その中で、脇谷は、初打席の内野安打といい、最終回二死からの粘りのヒットといい、いい働きをみせています。
守備の方はミスも多くまだまだですが、今はどんどんエラーすることも大事です。
それを来季に繋げてほしいものですね。

img3939.jpg
完璧な当たりのはずなのに、何か身体がレベルに回ってなくて心配です。

今日のカープを見てみると、ケガの影響もあるのでしょうが、かなりファームから上げてきた選手を起用しています。
何度も言いますが、ジャイアンツもそうすべきじゃないでしょうか。
この時期だからできること、すべきことをどんどんやってほしいな~
はたして、最終戦までいまのメンバーで漫然と戦い続けることをG党は望んでいるでしょうか?
(ひょっとして、そう考えている私の方が少数派??)


ところで、スポーツ報知によると「巨人の滝鼻オーナーが、故障者が相次いだ原因のひとつに、東京ドームの人工芝を指摘して、屋根のない天然芝の球場を本拠地の理想とコメント。また、チーム再建のためスカウト陣の強化を訴えた」とか。

スカウトの強化の方は、遅きに失してて“今さら”って感じですが、天然芝の球場には大賛成です。
以前、「選手のケガをなくすには?」で取り上げたことがあるように、選手の身体への負担を軽くするだけでなく、野球の国際化に対応するためにも、他球団に先駆けてやってもらいたいと思っています。
ただ、地方に住む身としては、数年に1度の東京での巨人戦観戦が雨天中止なんかになると泣くに泣けないので、屋根はあったほうがありがたいんですよね~
(オーナー、できれば開閉式ルーフのボールパークをお願いします^^。)


<蛇足>
カープには、梵(そよぎ)・鞘師(さやし)・井生(いおう)とか変わった名前の選手が多いですね。
なんだか水島先生のマンガに出てきそうな、いい雰囲気じゃないですか?
彼らがスタメンに並んだら、結構お洒落かも・・・


スポンサーサイト

☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:6CM:6

☆江川卓特集

2006/09/29(金) 21:55:53

「一番対戦してみたい投手は?」

と聞かれたら、あなたは誰と答えますか・・・・

私は、江川卓。
それも、作新学院時代の江川卓投手です。

まだ小さかった事もあって、江川投手の甲子園でのピッチングを見て衝撃を覚えたし、“怪物”と呼ばれていた江川投手が、本当に怪物に見えたものです。
(いや、ホントに宇宙人かと疑ってた)

その後、ご存じの通り、いろいろありすぎるぐらいの紆余曲折を経てジャイアンツに入団し活躍したわけですが、高校からストレートにプロ入りしてほしかったな~
大学・浪人生活がかれの剛速球をスポイルした気がして、G党でありながら、阪急のユニホームを着たバリバリの江川卓の剛速球を見たかったと今でも思っています。

ということで、江川関係を集めてみました。

<江川グラフィティー>



<プロ初完封>



そして、プロ入り後の最高のハイライト!
<8連続三振>

入団の経緯からダーティーなイメージだった江川。
当時 ”えがワル” という言葉ができたほどでした。
そんな理由で、彼をCMに起用する企業はなかなか出てきませんでしたが、なかにはこんな思い切ったことをするところも・・・・



これは、かなり痛い~
見てる方が、赤面してしまいますね。


<突然の引退>
誰もが、え!と思った早すぎる引退。
でも、この会見での針治療に関する発言も、かなり物議を醸しました。



最初から最後まで、良くも悪くも多くの話題提供し、多くの騒動を巻き起こした、ジャイアンツの江川投手でしたね。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:1CM:3

×上原不調、巨人4連敗

2006/09/28(木) 21:39:21

巨 人 0−6 ヤクルト

今日も中継はなし。
そして、昨日にも増して不甲斐ない試合だったようです。

打線は、ヤクルトの石井の前に10三振と沈黙。
先発の上原は、4回6失点の不調。
これじゃあ戦評のしようもないってところですね~

上原は、たぶん肘の違和感のこともあるのだと思うのですが、もうすっかりテンションが落ちてしまったのでしょう。
見ていないのでわからないのですが、心身共に思い切って投げることができない状態なのではないでしょうか?
もう残り試合は、登板回避でいいんじゃないかな?
不十分な体調で、ただ漫然と投げても意味がありませんから・・・・・

ということで、残念ながら今日もあまり書くことがないのでこの辺で・・・・・

おっと、今日、面白いことを聞き込みました。
なんでも、うちのハルのクラスでは、
「ジャン チェン ミン」
と言ってジャンケンするのが流行っているのだとか。
どうやらジャイアンツファンの男子が始めたらしいのですが、ちょうどプロ野球に興味を持ち始めた年頃の男の子達に受けて、すっかりジャンケンのかけ声として定着しつつあるみたいです。
我が家でも、早速、今日から「ジャン チェン ミ~ン」でやってます^^。
来季、ジャンくんが大活躍すれば、ひょっとして全国的な広がりを見せるかもよ~


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:3CM:6

☆夢の対決! 二岡VS新庄

2006/09/28(木) 19:42:51

「夢の対決! 二岡vs新庄」
どうぞお楽しみください!



ホントに新庄は、いろんな話題を提供してくれましたよね~



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:0

×巨人 5点差を逆転される

2006/09/27(水) 22:55:00

巨 人 7−9 ヤクルト

今日は中継なし。
なので、ネットでの “経過観察” の措置となりました。

で、帰宅してチェックすると6対2でリード!
よしよし、今日は打線が活発、と一安心。
その後は、日ハムVSソフトバンク戦をBGM代わりに読書をしておりました。

しばらくして、ネットをみてみると・・・・・
え、7対9?
どうもパウエルと野間口が打たれたらしい・・・・
守備の乱れもあったようですが、2人とも最近よくないですね~

ということで、今日は詳細不明で、以上終了でございます。


ところで、パ・リーグは、遂に日ハムが1位通過を決めましたね。
正直シーズン前は、まったく予想もしなかった日ハムの快進撃でした。
選手の皆さん、ファンの皆さん、とりあえずおめでとうございます。

これでプレーオフに突入となるわけですが、
これだけ僅差のレギュラーシーズンだった場合、去年とかに比べたら「プレーオフの不公平感が薄れる」と考えればいいのか?

それとも、

こんなに僅差なのに「2位と3位はファーストステージを勝ち上がらなければならないうえに、日ハムに1勝のアドバンテージがあるのは、不公平すぎる」と考えればいいのか?
よくわかりませんね~

でも、ひとつ間違いなく言えるのは、
「もしプレーオフがなければ、今年のパ・リーグのレギュラーシーズンはもっともっと盛り上がっただろう」
ということかな?


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:3CM:4

◇脇谷を2番で使いませんか?

2006/09/26(火) 21:54:39

今日のヤクルト戦は雨天中止。
選手達は、室内での調整となりました。

ところで、ここのところのジャイアンツは、今シーズン39通り目でやっと確立した脇谷・鈴木の1・2番をほぼ固定して戦っていますね。
どうやらフェニックスリーグでもこのコンビを続けて、なんとか来季に繋げようという腹づもりの様子。
各メディアでも、「やっと捜していた形が見つかった」と肯定的な論調が多いようです。

でも、それでいいのかな?

私は、脇谷は2番打者として育てるべきだと思うのですが・・・・・

確かに、脇谷はタイプとしては1番の方が合っているようには思います。
でも、彼なら、バントやバスター、繋ぎのバッティングもこなすことができるようになると思うし、なにより今のジャイアンツには、彼よりほかに2番が打てそうな選手がいないと思うのです。
どうでしょうか?

正直言って、鈴木に2番は荷が重い気がするので、来季以降を考えるなら、むしろ鈴木・脇谷と入れ替えた方が、将来性があるんじゃないかな~
さらに言えば、成長するであろう亀井くんがうまく嵌るように、1番を空けておく。
つまり、近い将来の亀井・脇谷の1・2番を睨んでおく必要があるのではないでしょうか?

少なくとも、脇谷を1番に固定してしまうのは、危険な気がしてますけどね~
そう思うG党は、私だけでしょうか???



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
G党のつぶやきTB:0CM:7

☆今年の高校生ドラフト

2006/09/25(月) 22:23:58

今日の話題は、なんと言っても「高校生ドラフト」

結果は以下のとおりでした。

20060925222528.jpg

20060925222715.jpg


ジャイアンツは、予想通り1巡目で堂上くんを入札しましたが、阪神・中日との競合になり、抽選の結果ハズレ・・・・・・
結局、父と兄のいるドラゴンズが交渉権を獲得しました。
やっぱり強い縁があるのでしょうね。
よかったと思います。

そして、田中くんは、4球団の競合になり、楽天が交渉権獲得。
これも、球界全体のバランスからいってよかったですね。
ひょっとしたら即ローテ入りもあるかもしれませんね~

実は一番即戦力に近いという噂もある増渕くんは、ヤクルト。
私は、なんとなく西武かな?と思っていたので、意外(といっても1/2の確率ですが)でした。
ヤクルトは、昔からくじ運は抜群ですね。

とういわけで我らがジャイアンツは結局、
1巡目 坂本くん
3巡目 田中くん
4巡目 伊集院くん

となりました。

(2巡目以降を指名順に並べると、このようになるのかな?)

20060925222724.jpg


1巡目は、堂上くんの抽選にはハズレましたが、彼と遜色ない実力の坂本隼人くんが指名できました。

TKY200609250148.jpg

個人的な希望としては、1巡は苫駒の田中くんで3巡で坂本くんがいいな~と思っていたので、ハズレ1位が左腕投手ではなく坂本くん指名だったので、正直、ヨシッって感じでした。
同じく堂上くんをはずした阪神も、遊撃手の野原くんを指名していますから、堂上・野原・坂本の同期大型遊撃手3人が今後どんな野球人生を歩むかは大いに興味の沸くところですね。
果たして一番大きく育つのは誰かな?

3巡目の田中くんは、原監督の後輩の東海大相模。

TKY200609250199.jpg

パンチのあるいいバッターですが、1塁手で左打者ということを考えると、先に智弁の橋本捕手を指名して、4巡目で田中くんでもよかったかなと思うのですが、いかがでしょう?

4巡目は、名前からして、きっと高貴な家系であるに違いない伊集院くん。
詳細はあまりよく知らないのですが、彼は、マスクで隠すのはもったいないイケメン捕手らしい?
加えて、動作が機敏で、いちいちかっこいいとの噂あり。
う~ん、この目で確かめたい!

ってことで、今年の高校生ドラフト、採点すると・・・・
「80点」ってところでしょうか?
もっとも、本当のドラフトの成否は数年後にわかるもの。
しっかり育ててくださいよ!

ところで、原監督、寺原に続いて今日もクジをはずしましたね~
どうやら「原さんはクジ運が悪いらしい」と嘆くことなかれ!
過去の2回は、来年、3度目の正直で“運命の選手こと中田翔くん”を引き当てるための布石にすぎないのですから!
(ん? 2度あることは・・・・・・ い、いや、いかんいかん)


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:3CM:11

×姜打たれ、阪神に連敗

2006/09/24(日) 21:59:44

阪 神 4−1 巨 人

まあ、目標のあるチームとないチームの差でしょうか?
“締まった野球のタイガースにあっさりやられた”そういう試合でした。

昨日に続いて、あまり多くを語ることができない試合でしたね。
流れから言えば、阪神・藤本の美技が、ジャイアンツにとっては痛かった。
あれが全部ヒットになっていれば、或いは逆転の可能性もあったかも・・・・・
しかし、所詮“たられば”、力の差と考えるべきでしょう。

今日、唯一よかったことを挙げれば、「ジャンが打たれたこと」ですかね。
彼自身、絶好調ではなかったかもしれませんが、早晩こういう結果になることは予想できていました。
やはり、プロはそんなに甘くないですから、ジャンの球種や投球パターンが研究されていましたね。
そして、ジャンの長所でもあるのですが、ストライクを揃えすぎる嫌いがあるので、ここという場面では早いカウントから狙い打たれて失点を重ねてしまいました。
(阿部も、このあたりもう少し工夫したリードをすべきでしたね)
でも、来季以降にとっては、いい勉強になったはず。
ジャンが今後ローテピッチャーになれるかどうかは、“これからどうするか?”でしょう。
このオフ、各球団がしっかり研究・分析してきますから、もう一回り成長しないと、いまのままでは通用しませんからね。


さて、話変わって、桑田くんです。
今日は、開場以来最多の3495人のファンが詰めかけたジャイアンツ球場で最後?の登板でした。



そして、7回を投げて被安打8で5失点でしたが、六回までは1失点の立派なピッチング。
お別れメッセージは、「ファンに今日の登板の意味を知らせたい」 「ファンにちゃんと最後のプレーを見てもらいたい」 ということだったようです。
試合後のインタで、今の心境や今後のことについて話していますが、非常に彼らしい選択だったなと感じました。
なんていうか、「周囲にすごく配慮しつつも、決して自分の信念には妥協しない、静かな決断」みたいな・・・・
悪い意味ではなくて、もう一人のKとは対照的だなぁと思った次第です。
これからどうなっていくのかは、まったくわかりませんが、桑田にとって言い方向に向かうことを願っています。




おっと、そして明日は、高校生ドラフトですね!
朝風呂は無理でも、とりあえずツメをきれいに手入れして、出勤しようと思っています!
(・・・・・気持ちの問題ですよ~気持ちのね!)
当たるといいな~


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:5CM:10

×巨人、ミスで阪神に大敗

2006/09/23(土) 21:35:20

阪 神 11−2 巨 人

今日は、久しぶりの試合だったのに・・・・・・

う~ん、大敗の原因は、
“内海の不調”
“鈴木の走塁ミス”
“矢野のタイムリーエラー”

の3つかな?

勝敗を左右するうえで大きな痛手になったのは矢野のエラーですが、一番やってはいけない“防げるミス”は、鈴木の走塁ミスでしょうか。
あの場面は、ライナーだけは注意しておかなければいけないところ。
(うちのハルのチームでも、いつも子ども達に言ってます)
「ゴロGO」の指示だったのかもしれないけど、あの当たりで全然戻れないほど飛び出すのは、状況判断ができていない証拠でしょう。
足に自信があるだけに、どうも鈴木くんは、守備にしても走塁にしても“逸りすぎる”きらいがありますね。

今日は、いいところのない試合でしたが、リリーフした投手もよくありませんでした。
特に野間口は、「ただ投げてるだけ」って感じで、これではなかなか伸びませんね~
期待してるだけに気になります。
それからグローバー、今日はダメでした。
リリーフでは持ち味がでないのか?またまた去就が微妙です。
(阪神サイドの二段モーションとのクレームでリズムが狂ったのかな?)
そして前田、ここのところのドラフト関連報道で、さかんに左腕不足が言われているだけに、こちらも微妙な立場でしょうね・・・・・う~ん。

はてさて、明日は、いいところを見せてくれるかな?



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:4CM:4

◇桑田のお別れ

2006/09/23(土) 20:36:29

桑田くんからファンに「お別れ」のメッセージが届けられました。
「遂に来るべき時がきたか」という印象です。

高校1年生からずっと注目を浴び続けた桑田。
甲子園での熱投、ドラフト時の騒動、巨人での活躍、KK対決、10.8決戦、ケガ、復活・・・・・
いろいろ思い出しますね~

入団直後は、とかくダーティーなイメージがついて回りましたが、その後の活躍と野球に取り組む真摯な姿勢が野球ファンに認められました。
特にケガをしてからの彼の言動には、共感させられることも多く、好きな選手のひとりでした。

明日、イースタンで “お別れ登板” するそうですが、ジャイアンツにとって大変な功労者ですから、東京ドームで投げさせてあげて欲しかったな~
もっとも、他の投手の邪魔をしたくなくて、桑田本人が辞退したのかもしれませんね。

桑田くん、長い間ご苦労様でした。
いや、
「ジャイアンツのユニホームでマウンドに立つのは、おそらく最後になるだろう」
と書かれていますから、まだ、移籍して現役続行の可能性はあるのかもしれません。


それはともかく、
「ありがとう」
そして、
「これからも桑田らしく」



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
G党のつぶやきTB:5CM:10

☆巨人を救う若武者たち

2006/09/22(金) 21:47:27

先日放送された
「バース デイ “巨人を救う若武者たち”」
を今日見ました。

内容は、主に鈴木尚広選手と矢野謙次選手の素顔を取り上げるというもの。
(ちょこっとだけ脇谷くんも出演していましたが、ほとんど出番なし。多分、ここまで活躍すると思ってなかったので、あまり取材されていなかったんでしょうね。もしかすると、亀井くんあたりを取材してたが、使えなかったのかも?)

このての番組を見ると、いつも思うことがあります。
ちょっときれい事に聞こえるかもしれないですが・・・・・・
どの選手も背負っているものがあるし、守るものもある。
どの選手にも応援してくれる人がいるし、愛してくれている人もいる。

だから、我々ファンが軽々しく
「あの選手は、一軍では通用しない」
「あんなエラーをして、なにやってるんだ」
「もう限界じゃないか」
などと無責任なことを言っていいものかどうか・・・・・・ということ。

とはいえ、
「ファンを楽しませること、つまり、ファンにプレーを見てもらって、思ったことを好きなように言ってもらうこともプロの仕事。そして、いい仕事をするのがプロで、実力のないものは生き残れない厳しい世界がプロ」
と割り切って、日々、無責任発言を続けているわけであります。

でも、心の底では、選手みんなを尊重する気持ちを忘れないようにしたいですね!

ipodnano.jpg



ところで、
「松井稼 来季もメジャーでプレー」
なぜかホッとする私であった^^;



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
G党のつぶやきTB:0CM:6

◇巨人のコーチ人事とドラフト情報

2006/09/21(木) 21:00:18

今日のスポーツ各紙には、ジャイアンツのコーチ人事とドラフトの情報がきてますね。

<伊原春樹氏に来季の一軍野手総合コーチ就任を要請>
実現すれば、これはなかなか強力な補強ですね。
奇しくも先日、このブログでとりあげた「このプレー」をデザインしたのがこの人です。
コーチとして、広岡・森の両監督のもと西武の黄金時代を支えました。
相手の隙をついたり、癖を盗んだり、ホントに厳しい野球のできる人だと思います。
あまり知られていませんが、伊原さんは、実はジャイアンツOB。
もっとも、1976年に当時の太平洋クラブライオンズから巨人にトレードされ2年間在籍、トータルで9試合に出場、5打数0安打という寂しい記録しか残してはいませんが・・・・
ただ、伊原さんは、決してイエスマンではないので、原監督以下の首脳陣との人間関係がカギでしょうか?
(なかよしグループがいいというわけではないのですが、その厳しさ故、割と衝突しそうな気がして・・・・)


そして、ジャイアンツのドラフト戦略もだいたい固まってきたようです。
<巨人、MAX150キロ立命大・金刃獲る>
これは、どうやら、東北学院大の岸くんに振られたために方向転換したようですね。
金刃くんは、当初、立命館の後輩ということもあり、古田監督のヤクルトが熱心でしたが、本人の巨人志向もあり、ここに来てジャイアンツ入りに傾いた模様です。
岸くんが獲得できないのは残念ですが、工藤・前田の高齢化もあり、即戦力の左投手の補強も意味のあることだと思います。



金刃憲人(かねと のりひと) 
1984.4.10 生 兵庫県尼崎市出身
・ニックネーム=ノリ
・性格=神経質・完璧主義
・趣味=ギター
・1日の睡眠時間=7時間
・好きな球団=子どもの頃応援していたのは阪神(アレレ~)
・好きな女性のタイプ=鈴木えみ
・好きな言葉=情熱
・野球哲学=ボールのキレで勝負
・50m走=6.7秒
・遠投=120m
・足のサイズ=27.5cm



そして、高校生ドラフトは、やはり堂上くんでいくみたいですね。
どうも原監督が、「(くじを引く順番が)最初なんだよな」とポロリと言っちゃったようで、ということは、田中くんじゃないなってことに・・・・
個人的には、「抑え候補として田中くん狙い」の方がいいと思っていましたが、決めたからには、是非当ててほしいですね!
(まあ、当たるも運命、当たらぬも運命です)


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:1CM:2

▽ところで最近のファームは?

2006/09/20(水) 22:14:13

今日は、久々に昨日録画しておいたファームのゲームを観戦。

ソフトバンク3 - 6巨人
試合は、先発の加登脇くんが3点を先制されるも、アリアスのタイムリーツーベースや小関の右翼ポール際へ2ランなどで、逆転勝ちを納めました。

ファームの場合、勝敗よりも個々の選手のプレーの輝きを捜すのが楽しみなのですが、悲しいかなジャイアンツには光ってる選手が少ないですね・・・・・

野手でいうと、山本と長田かな~
九州のカブレラこと山本くんは、5番に打順があがっているだけあって、確実性が少しでてきていると感じました。
今年は当初、吉村親方監督のもと4番に抜擢されましたが、思うように結果が出ず苦しみました。
でも、夏場ぐらいから、少しずつ結果もでるようになってきましたね。
来季は、是非一軍に呼ばれるように、この秋と来年の春のキャンプで勝負してほしいな~


山本くんの顔を見ると、なぜか”おにぎり”を思い出します。

長田もよくはなっているんですが、脇谷にすっかり先を越され、キャラも被っているのが辛いところ。
打撃と足は、完全に脇谷がうえにいっているので、身体にキレと力が出てこないとなかなか一軍には呼んでもらえないでしょうね~
生き残るための方向性を見つけないと・・・・・

ところで、私のイチ押しの亀井くん、最近ファームでも全然見ないなぁ~、ケガでもしてるんじゃないかと心配していたら、試合の後半に代打で登場しました。
結果は、いい当たりのピーゴロでしたが、元気そうだったので一安心。
彼も身体に力を付けて、スイングスピードをあげてこないと上では苦しいのでしょうね。
でも、必ず出てくると信じてますから、このオフのウインターリーグでしっかり修行してきてほしいものです。

img34218.jpg
お~い、元気か~

投手陣は、どの投手ももう一つもの足りませんでしたが、唯一、育成選手の山口くんが、腕を少し下げて面白い球を投げていました。
ワンポイントやショートリリーフで可能性があるかもしれませんね。
背番号102番が、一軍のマウンドに上がったら楽しいだろうな~
(ところで、3ケタは認められるのかな???)

img33991.jpg
はたして貴重な左腕となれるか?

先発した加登脇くんは、期待していたのですが、この試合を見る限りでは、“ストレートもまずまず、変化球もコントロールもそこそこ、でも、飛び抜けたものがない”そんな印象でした。
ジャイアンツの投手陣ですが、加登脇・鴨志田・栂野・酒井・木村・東野・南とか、似たようなタイプのいわゆる右の本格派的投手が多いですね。
みんな、生き残りを賭けて、特徴を伸ばす努力をしないとな~
(してるんでしょうけど、プロは厳しいからね・・・・)


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:0CM:4

○小久保の満塁弾で逆転勝ち!

2006/09/19(火) 22:17:34

巨 人 7−5 広 島

今日の試合は、
由伸のホントに久しぶりにいい当たりを見たな~って感じのHR
二岡のバックスクリーンへの追撃のHR
そして、小久保の見事な逆転満塁HR
この3発でなんとか勝ちましたね~

満塁で小久保を迎えた場面で、ここのところさっぱり当たってないキャプテンに、実は私、「決して早打ちしないで、しっかり選球して、なんとか押し出しで同点に~」そんなイメージを抱いていました。
それが、初球を大ホームラン。
何も文句はございません^^;
あの思い切りと開き直りは大したものですね。


恐れ入谷の鬼子母神でした~

さて、今日のスタメンは、1番に仁志を起用していました。
仁志と彼のファンの方には申し訳ないのですが、もし脇谷のコンディション的な問題でないのなら、彼をここで使うことにほとんど意味を感じません。
先発が左投手だからの起用でしょうか?
そうやってまで勝つことに、それほど意味があるのでしょうか?
脇谷は、今のジャイアンツのなかで、最も外してはいけない選手、経験を積んでもらわなければいけない選手だと思うのですが・・・・

投手陣では、先発のパウちゃん、昨日の上原同様、何か気が入っていないように見えるピッチングでした。
やはり、彼らのようなローテピッチャーは、こういう状況では目標を失って、いまひとつピリッとしないというところかなぁ~
今季は、もうお役ご免でもいいかもね?
その代わり、クボックルを先発させてみるとか、私のなかでは来季復活予定の木佐貫くんを先発に抜擢してみるとか・・・・・
やってみてくれないかな~



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:2CM:8

☆進化する中田翔は運命の選手か?

2006/09/19(火) 20:14:35

「ジャイアンツ再建」という十字架を背負った
“運命の選手”(だと勝手に思っている)
大阪桐蔭の中田翔選手が進化を続けています。

今年の高校生ドラフトも終わっていないのに恐縮ですが、どうしても気になってしまうので・・・・・・

以下スポーツ報知から抜粋させていただきました。

<松井に並んだ!大阪桐蔭・中田が高校通算60号>
◆高校野球秋季大会大阪大会2回戦(9/17)
(大阪桐蔭11―1精華=5回コールド)
来年ドラフトの目玉、大阪桐蔭・中田翔(2年)が17日、ゴジラに並んだ。
大阪大会2回戦の精華戦で「4番・右翼」で先発出場。2打席連続アーチで3打点。星稜時代の松井秀喜外野手(現ヤンキース)に並ぶ高校通算60本塁打となった。
4回1死一塁、右中間へ一直線に運ぶと、5回1死の第3打席では左翼へ一発。右へ左へ、すさまじい破壊力を見せつけた。右方向への本塁打は「公式戦ではたぶん初めて」で、大黒柱として進化した証しを見せた。
高校時代の松井に並んだことに、「僕はそんなレベルじゃない。松井さんは完ぺきな当たりのホームランが多いと思うけど、僕は詰まった当たりが多い」と謙そんしたが、新チーム結成後から木製バットで右打ちを特訓している成果が出た。


20060919_157902-1.jpg


<大阪桐蔭・中田、2日続けて2発!清原にあと2本>
◆高校野球秋季大阪大会3回戦(9/18)
(大阪桐蔭16―0香里丘)
来秋ドラフトの目玉、大阪桐蔭・中田翔投手(2年)の豪打が、またさく裂した。
「4番・右翼」で先発し、17日の2回戦(対精華)に続く2日連続2発。
高校通算本塁打は62本となって、PL学園時代の清原和博内野手(現オリックス)に2本差まで迫った。
初回1死一、二塁の第1打席は、内角低めの変化球を強烈なライナーで左翼へ運んだ。3回の第3打席でも、内角低めの直球を推定130メートルの大アーチで左翼へたたき込んだ。「力まないようにスタンスを少し狭くしてからうまく打てている」と満足そうに笑った。
今年に入って何と45発と驚異のペース。「周りはホームランしか期待していないと思うけど、意識すればスイングが崩れる。注目されることだけを力に変えて頑張る」ひと夏越えて“大人”になった中田が、まだまだ勝利を呼ぶ一発を量産し続ける。



痛めた右肘がまだ癒えないのか?右翼での出場ですが、その打撃は凄まじいの一言!
来年は、中田旋風が吹き荒れることは必至でしょう。
我らがジャイアンツの救世主の動向に大注目ですね!
(申し訳ありませんが、来年のドラフトまで夢をみさせてください)
(そして、それが正夢になるといいな~)



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:0CM:2

×上原不調でカープに敗れる

2006/09/18(月) 21:40:35

巨 人 3−4 広 島

今日の中継(BS朝日)の解説は、大下さん。
相変わらず歯に衣着せぬ厳しい言葉を連発されていました。
でも、ちゃんと的を射たことを言ってると思うし、細かいところもしっかり指摘して解説してくれるので、好きな解説者のひとりです。

その大下さんに初めに苦言をいただいたのが、先発の上原でした。
今日は、球威もキレも、さらに気迫も感じられませんでした。
何か身体がだるそうで、腕が振れていないようでした。
3回まで毎回失点で4点を奪われ、試合の主導権を握られてしまいましたね。


やはり肘の状態がよくない?

大下さん曰く「上原は、この時期に10勝云々に拘っている場合ではなく、ジャイアンツを再建するために自分はどうあるべきか」それを今から考えてプレーしなければいけないとのこと。
その通りだと思います。

それでも、カープの大竹の出来もよくなく、スンちゃんのHRと犠飛で3点を返しましたが、もう1本が出ませんでした。
特に今日は、小久保が大ブレーキ、ことごとくチャンスで凡退してしまいましたね。
どこかで1本打っていれば、試合をものにできていたかも・・・・・
小久保も右肩痛で痛み止めを飲んでの出場らしいのですが、コンディションが悪いのなら、もう無理をする時期じゃないような気もするのですが・・・・・
その辺は、首脳陣がはっきり判断してほしいな~

あと、前回の解説の時同様、今日も大下さんが言っていたのが、「二岡は動けなくなったね~」でした。
これも全く同感。
大下さんは、このオフに下半身を十分ケアして、もう一度昔の二岡に戻ってほしいと言っていましたが、残念ながら、私はもう無理だと思うんですよね~
今季、主力でただ一人全試合出場を続けている二岡、これはホントにすばらしいことであると同時に、ほとんど奇跡的なことだと思っています。
敢えて誤解を恐れずに言えば、「うまく手を抜いてプレーしている」というか、「出来る範囲の全力プレーをしている」という感じでしょうか?
思い切りやって壊れてしまうよりは、その方がチームにとってもいいのですが、かつての二岡と比較すれば、やはり寂しい思いは強いですね。
早くサードなり外野なりにコンバートしてあげる方が、彼の能力を活かせるし、彼のためにもなるという考え方をずっと持ち続けている私です。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:3CM:6

×巨人 救援が踏ん張れず敗戦

2006/09/17(日) 21:23:14

巨 人 2−4 横 浜

今日は、久しぶりに家族でお出かけしていたので、帰宅してから録画していた試合を“流し観戦”しました。
中継は3時間以上だけど、実際のプレーだけを見ると約30分。
つくづく野球は、考える時間の多いスポーツだなと痛感させられます。
「サッカーがテレビゲームなら、野球は将棋だ」なんて言われますが、私としては、それが野球のいいところだと思うし、好きなところなのであります。

さて、先発は、ジャンくん。
今日は、今までに比べるとややコントロールが悪く、ツースリーピッチングが多かったですね。
敬遠以外では初めての四球を出してしまいましたが、もう2、3個出しててもおかしくない出来で、逆にひとつだけなのは、さすがだなと思わされました。
本人は、四球を悔やんでいたようですが、彼を責めることはできませんね。
それより、守備の方でミスが出て、ジャンのリズムをくずしたのが残念でした。

打つ方は、横浜の苦手土肥投手の前に5回までヒット無し。
昨日の今日だけに、ノーヒットノーランをやられちゃうんじゃないかと、ちょっと心配しました。
しかし、6回、脇谷・鈴木のしぶといバッテイングで2点を先制。
(きわどい判定と横浜の外野守備のまずさに助けられた感もありますが・・・・)
しかし、その後が続きませんでした。
特に8回、無死2塁で清水が進塁打が打てなかったのと、1・2番が今度はしぶとさが発揮できなかったのが痛かったですね。

結局試合は、リリーフの林が同点打を浴び、その後、久保があっさり村田に勝ち越しHRを被弾し敗戦。
う~ん、踏ん張れませんでしたね~


どうなんだ?クボックル・・・

特にクボックルは、緊迫した場面のリリーフで起用するには、好不調の波がはっきりしすぎる嫌いがありますよね~
球種は多いけど、これといった決め球がない久保くん、ある程度遊ぶ余裕のある先発で長い回を任せたほうが、個人的にはいいんじゃないかと思っているのですが・・・・・



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:4CM:3

☆ウルトラマン前夜祭

2006/09/17(日) 08:10:00

これは、恐ろしく貴重な映像ですね~

当時は、新しい番組が始まる前に、こういった公開番宣イベントをよくやっていました。
(といっても、ホントにかすかな記憶ですけど・・・・・)



どうです?
結構笑えますよね~
前後のCMも併せて、貴重な資料として残しておくことにしました。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
その他動画集TB:0CM:4

○横浜下し、内海12勝目

2006/09/16(土) 19:57:00

巨 人 5−2 横 浜

まず、中日の山本昌投手、おめでとうございます。凄いですね~
41歳1ヶ月の最年長ノーヒットノーラン達成!しかも阪神との天王山での価値ある大記録です。
いや~工藤公康を超えるのは、この人かもしれませんね。
文句なしに、天晴れをあげましょう! アッパレ~!
阪神も4ゲーム差までよく盛り返しましたが、これでとどめを刺されたといえるでしょう。

それはさておき、我らがジャイアンツは、デーゲームで横浜との対戦。
先発のモンチ内海は、決して調子がいいとはいえませんでしたが、7回を1失点でしっかりゲームを作りました。
いいピッチャーによくある“名前で抑えた”っていう雰囲気がありました。
すっかり成長したな~
来季は、これに慢心せず、15勝ぐらいして欲しいですよね。

打線も今日は13安打で、先制・ダメ押しと効果的に得点しましたが、印象としてはそんなに打ってたかな?という感じ。
なんか迫力が感じられませんね・・・・・

なかでも由伸がなぁ~、ホント来季は選手生命を賭けてやるぐらいじゃないとしんどいかも・・・・・・
(でも、きっと由伸ならやってくれると信じます)
由伸といえば、今日は、初回レフトからの好返球で2塁からホームを突いた石井を刺しました。


なんとかテクニックで刺したヨシノブ。

でも、やはり以前に比べると下半身が使えていないみたいです。
捕ってからの素早さとコントロールでなんとかアウトにしましたが、手投げなので返球にもうひとつ力がありませんでしたね。
来季は、身体(特に下半身)を作り直さないとね~

ペナントの行方もほぼ決まり、これからは本格的な消化試合となります。
投手陣は、概ね今のような起用法でいいと思うのですが、野手の方は、もう少し違ったパターンを試したり、若手に経験を積ませたりした方がいいのでは?と思っています。
とはいえ、「では誰を?」と言われると、正直なところ“該当者なし”に近い状況ですよね。
まあ、強いて言えば「亀井くんとカトケンを」というところですが、厳しい状況には間違いありません。
残念なことですよね~
最近になって、ドラフト1位指名に堂上くんの名前が挙がってきていますが、現場にいる首脳陣としては、将来を担う野手の人材不足をかなり痛感しているのではないでしょうか?
う~ん、ドラフトどうしようかな~
(え?お前が迷ってもしょうがないだろって? 言えてる~)

<蛇足>
今日は、モンチ内海が登板しましたが、横浜にも”モンチ”ってニックネームの選手がいるそうです。
それは、今売り出し中の吉村くん。
   ↓
profpic_31.jpg
どうですか?
私は、文句なしで、内海くんに1票!




☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:9CM:3

◇田中くんか?それとも堂上くんか?

2006/09/15(金) 22:23:15

ジャイアンツの高校生ドラフトについて、デイリースポーツは「堂上直倫内野手を指名する可能性が濃厚となった」と報じています。
「ハンカチ王子、大学へ行く」で、もう田中くんに一本化決定と思っていたので、あれれ?と思っています。

ジャイアンツのドラフト戦略は、今年早々に駒苫の田中くんの一位指名を明言。
その後も担当の大森スカウトがピッタリマーク。
この夏の甲子園での早実・斎藤くんの大活躍と、あのもの凄い人気ぶりで、一時彼も候補になっていましたが、当初から進学の可能性が高かったこともあって、田中くん指名の方針は終始一貫していました。
ところが、ここにきて、今まであまり噂に上らなかった愛工大名電の堂上くんが急浮上してきましたね。
ということは、やはり原監督ら現場サイドからの意見が大きく反映しているということでしょう。
決して田中くんの評価が落ちたわけではないと思うので、にもかかわらず彼の名前が挙がってくるということは、最終的には堂上くんを指名する可能性が高くなったと言えるのでしょうか?

実は私、田中くんが本命と言われていた頃、田中くんよりも堂上くんの指名を希望しておりました。(「右打者が欲しいな~」参照)
しかしこの夏、3連覇の大変な重圧の中、しかも彼本来の調子にはほど遠い状態でありながら勝ち進み、あの決勝戦での激闘。
その中でみせた、田中くんの冷静さと勝負強さと勝利にかける執念をみて、彼に、抑えの切り札としての適性と可能性を見出してから心変わりしております。

確かに、今のジャイアンツの野手の構成上、右のスラッガー堂上くんも是非欲しい選手です。
でも個人的には、将来の抑え投手の補強という意味で、今回は田中くんの方を押したいと思っていますが、みなさんはいかがお考えでしょうか?

そして、ジャイアンツの選択はどっち??

ちなみに、ジャイアンツの山下スカウト部長の評価は「田中はローテに入れる逸材」、「堂上は10年に1人の高い評価」とのこと。
う~ん “抑え” という発想はないか~




☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:1CM:4

◇もう一人のユウちゃんが早大へ

2006/09/14(木) 22:36:07

去年の高校生ドラフトでジャイアンツに4巡目指名されながら入団を辞退した、2004年センバツの優勝投手、済美高(愛媛)卒の福井優也投手が早大のトップアスリート入学試験に合格したそうです。



辻内・加登脇・福井と大成功のドラフトだったと喜んでいたところの思いがけない入団拒否。
非常に残念な思いをしたのを思い出します。

球団の指名後の対応に不満があったとか、平岡選手解雇の波紋とか、本人の自信喪失とか、理由はいろいろ取りざたされましたが、プロ志望届を出していながらの入団拒否、またジャイアンツ志向が強いと聞いていたこともあって、非常に不思議な決断だという印象が強かったですね。

我らがジャイアンツを袖にした彼ですが、個人的に注目していた投手だったので、大学進学を希望するも叶わず、その後どうしているんだろうと気になっていました。
一時は、「ホストクラブで働いている」みたいな怪情報が流れたりして、ちょっと心配していたのですが、よかったですね~
なんでも、今年2月に早大の受験に失敗した後は、地元・岡山に戻り、勉強のかたわら体がなまらないよう、少年野球チームの練習を手伝ったり、趣味でもあるトライアスロンで汗を流す日々だったとか。

これで、来春には、早大進学が予想される“ハンカチ王子”こと斎藤くんとチームメートになる予定。
2人の「ユウちゃん」 「優&佑コンビ」 が早稲田大学を、そして東京六大学野球を盛り上げてくれるかもしれませんね!
2人とも、比較的タイプの似た投手ですから、いい意味でライバル意識を燃やして、切磋琢磨してほしいものです。
来年からネット中継も始まる予定とのことだし、久々に神宮の杜が熱く燃える!かな?



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
野球の話題TB:0CM:7

☆クロマティの緩慢な送球

2006/09/13(水) 21:50:45

ジャイアンツナインに決して忘れてほしくないプレーがあります。

それは、1987年の西武との日本シリーズ第6戦、1対2と1点をリードされた8回ウラ二死ランナー1塁。
この場面、なんと秋山幸二のセンター前ヒットで一塁走者の辻発彦をホームインさせてしまうのです。



当時センターを守っていたクロマティの緩慢な返球を突いての見事な走塁なのですが、実はこれ、シリーズまえからデザインされていたプレーだったとのこと。

このプレーを見せつけられた時、もう西武には勝てないと思ったし、凄く屈辱的な気持ちにさせられたのをハッキリ覚えています。

まさに、このライオンズの野球こそが
「タイトな野球」

そして、やられたジャイアンツの野球が
「ルーズな野球」

最近、由伸も鈴木も清水もルーズな返球が目に付きます。
(もちろん、彼らだけを批判しているのではありませんよ)
もしものエラーを想定し、1%の危険性でも未然に防ぐ、常にそんなタイトなプレーを選手全員に心懸けてほしいものです!

決して、この場面を忘れる事なかれ!

野球とは、 ”気配りのゲーム”
なのだから・・・・・



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:4

☆巨人・松井、誕生の瞬間

2006/09/13(水) 21:16:36

左手首の骨折から復帰した松井秀喜。
4打席連続安打には、驚きました。
この集中力は凄いですね~

ってことで、松井の復帰をお祝いして???
読売ジャイアンツの松井秀喜が、事実上誕生した瞬間をお楽しみください!



この瞬間は、仕事中だったため見ることは出来ませんでしたが、後で松井指名を知った時は嬉しかったな~
その夜は、スポーツニュースを梯子して、何度も長嶋監督のガッツポーズを見たのを思い出します。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
ジャイアンツ動画集TB:0CM:2

×巨人惨敗、秋田の皆さんごめんなさい

2006/09/12(火) 22:03:20

中 日 10−2 巨 人

今日は、秋田・こまちスタジアムでの中日戦。
このスタジアムは、“秋田こまち”のお米の形をイメージしたバックネット裏の屋根がとても可愛い、すばらしい球場です。

20060913_154444-1.jpg

なんでも秋田にジャイアンツがお目見えするのは、なんと1951年以来55年ぶりとか。
へ~、1951年と言えば、“イクヨイチバン真珠湾”の10年後。
サンフランシスコ条約の調印、マッカーサー元帥が突然解任され「老兵は死なず、ただ立ち去るのみ」という言葉を残し、巷では灰田勝彦さんの「野球小僧」が大ヒットした年です。
(さすがに私も生まれてません)


Old soldiers never die, they just fade away.

で、その時のジャイアンツは、大洋を6対3で下して、今もセ・リーグ連勝記録として残っている15連勝目をあげているそうです。
(いや~今日の中継は、勉強になったな~)

しか~し、秋田のジャイアンツファンのみなさんに恥ずかしい試合を見せてしまいましたね。
それが、非常に残念です。

先発のパウエルは不調、早々とドラゴンズに3点を先制されてしまいました。
それでも、阿部のタイムリーで2点を返して、なおも追加点のチャンス。
ここで、二岡が見逃しの三振、続く清水が中途半端なバティングで凡退・・・これが残念。

7回の痛~い失点に繋がった脇谷の消極的なタイムリーエラー・・・これが残念。

続いて致命的な失点となるアレックスのタイムリーの原因となった、外野の過度のチャージ(前進守備)・・・これが残念。
(あの場面、もう点をやれないというところだが、2塁だけならともかく、3塁にもランナーがいるのだから、あそこまでのチャージはいらなかったと思う)

でも、もっと残念だったのは・・・・
3回、福留の比較的浅い左中間の打球でやすやすと2塁を許した由伸の緩慢な守備
(原監督が珍しくベンチを蹴り上げて激怒していたのは、このプレーじゃないかと個人的には思っています)
7回、脇谷のトンネルのカバーが遅れて2塁を許した清水の緩慢なカバーリング
このふたつです。
確かに脇谷の守備も責められるべきですが、エラーはでるもの、やむを得ないものです。
でも、これらはハッキリ言って怠慢プレー。
しかもチームのリーダー的立場にある彼らが、これでは・・・・・・
人工芝に慣れていて、こまちスタジアムの長めの天然芝で死んだ打球にダッシュが遅れたということはあるのでしょうが、それは理由になりません。

「秋田のみなさんに、いい試合を見てもらいたかったな~」
そんな思いだけが残った今日の試合でありました。


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:3CM:5

◇ハンカチ王子、大学へ行く!

2006/09/11(月) 21:54:42

今日は、なっといってもこの話題ですね!

「早実・斎藤佑樹投手は大学進学へ」

大方の予想が「進学」だったので驚きはありません。
「やっぱり」と「残念」が入り交じった複雑な気持ちといったところでしょうか?
この進路決定について、いろんな方がコメントしていますが、概ね本人の意志を尊重した肯定的な発言となっています。
そんな中で、メッツの環太平洋担当本部長の大慈弥功さんのコメントで
「現時点でプロに入れば客寄せパンダにされ、十分な練習ができないまま、自分を見失う可能性があった。」
というのにはちょっと納得。
いかに冷静でしっかりしているとはいえ、この異常なほどのフィーバーぶり(この表現は古いっすか?)に押しつぶされてしまうかもしれませんからね~
太田幸二さん然り、島本講平さん然り、荒木大輔コーチ然り・・・・・
大学の4年間で、肉体的にも精神的にも大きくなって、次のステージに進んでもらいたいものです。
(私だったら、勉強するのが嫌なうえに、契約金に目がくらんで、あっさり心変わりしたことでしょう。 さすが斎藤くんは偉い!)

ともあれ、これでジャイアンツは、1位指名で迷うことはなくなりました。
おそらく、駒苫の田中くんで決まりでしょう。
(堂上くんの可能性はもうないんじゃないかな?)
でも、競合は避けられないところです。
日ハム、楽天・・・う~ん、少なくとも3チーム以上で抽選かな?
当たればいいけど、難しいよね~
(もっとも、田中くんは、まだプロ志望届を出していません。彼も進学なんてサプライズはないだろうな?)
(ハズレ1位もすごく大事です。青森・光星学院の坂本勇人くんなんてどうでしょうか?)



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:2CM:8

○上原の好投と二岡の一発で4連勝!

2006/09/10(日) 21:55:46

ヤクルト 0−1 巨 人

今日は、所用があり夕方から外出。
帰って、テレビをつけると、なんともう8回裏じゃないですか~

ってことで、詳細はわかりませんが、久々の先発となった上原くん、どうやらそれなりによかったみたいで、同じく好調?(ジャイアンツの貧打かもしれませんが)のヤクルト藤井との投げ合いとなった模様。

そして勝負を決めたのは、二岡の一発。
ミスター右中間の二岡らしい、右方向への一撃でしたね!
それにしても、最近は打てませんね~
見てて、期待感のあるバッターが少なすぎです。
逆に言えば、投手陣がすばらしい踏ん張りを見せているということですが・・・・・

今日、最後を締めたのは豊田。
ヒサノリの連投を考慮してのことですが、一軍復帰後の豊田はまずまずの投球を続けていますね。
昨年の不調とFA初年の今年と、なかなか力を発揮できていませんでしたが、ここにきてやっとジャイアンツにも馴染んで、本来の投球に近づいてきたのでしょうか。
この調子なら、来季は結構期待できるのでは?なんて希望的観測をしてしているところです。

これで、ジャイアンツは、6月以来の4連勝!
3位スワローズとは3ゲーム差となりました。
これはひょっとしてAクラス入りもあるかな?
(もし、今年からプレーオフがあったら、ジャイアンツが日本シリーズに進出してチャンピオンになる可能性もあるのか~  やっぱり割り切れないものを感じざるを得ないのだか・・・・)


笑う二岡と吠える豊田

<蛇足>
今日のヒーローインタは、二岡と上原。
二岡は、上原のことを「ウエハラ」と呼び捨てにしますよね。
大学は同学年で同期入団なので当然と言えば当然なのですが、年齢は上原がひとつ上なので、なんか違和感を感じてしまいます。
(私が勝手に、二岡は「上原さん」って呼ぶと思いこんでいるせいでしょうか? ま、別にいいんだけどね)


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:4CM:7

○またまた姜好投で巨人3連勝! 

2006/09/09(土) 21:55:33

ヤクルト 1−2 巨 人

昨日につづいて、ジャイアンツが接戦をものにしました。

先発は、只今売り出し中の姜建銘。
(「姜」と書くのに、「生姜」と書いて「生」を消すのが面倒なので、CHIANG CHIEN MINGの頭文字をとって、以下「姜くん」のことを「CCM」と表記します)
今日もよかったですね!
敬遠の四球と青木に被弾して、公式戦で続いていた四球とHRのゼロ行進は途切れましたが、ピッチング内容は好調を維持していますね。

高いレベルの中に入った方が、かえって力が出る選手、たま~にいますよね。
それがまさに、CCMくんなのでしょう。
実力がある程度あることはもちろんですが、そういう選手って、やはり気持ちが強いんでしょうね。
今はまだ、怖い者知らずの強みがありますが、どんどん打者に向かっていく姿勢は、見ていて気持ちがいいです。
そして、今日は打席でも、川島のストレートに食い付いて、すばらしい粘りと闘志を見せてくれました。
ピッチング同様、こちらも見応えがありましたよ!


試合終了後、右手をアイシング中のため、サインボールを左腕でスタンドに投げ込んでいたCCMくん。
左でもあまり違和感なく投げてるあたりに野球センスを感じます。


CCMくん、このままぜんぜん打たれないで勝ち続けることはないでしょう。
そのうち研究され、相手打者も慣れてくれば、ストライクを揃えすぎることで打ち込まれることも十分考えられますが、それまでは、どんどん今のスタイルで押していってほしいですね。
あとは、一軍の緊張感の中で投げていると、本人もわからないうちに疲労が蓄積していきますから、故障だけはちゃんとケアしてあげて、この時期に肩肘などを壊さないようにしてもらいたいものです。
理想を言えば、このまま打たれることなくシーズンを終了するのではなく、厳しいプロの洗礼を浴びて、一度は高くなった鼻っ柱をへし折られてからオフに入ってほしい、そんなふうに思っています。
気の強いCCMくんには、「なにクソッ」と思った方が、来季の糧になるはずですから。

一方、打線はというと、打てませんね~
なんとか二岡にスリーバントスクイズという奇策を敢行させて、1点をもぎ取りましたが、逆に言えば、そうせざるを得ないほど得点力が低下しているということ。
まあ、繋ぎもできる二岡だからこそ成功させましたが、かなりの博打であることは間違いありませんでしたね。

img32897.jpg
ニイくん、今日はノドに当たらなくてよかったね!

しかし、試合全体を見ると、
CCMくんとヒサノリの見事なリレーあり。
清水、小久保、脇谷らの美技あり。
古城の盗塁や二岡のスクイズといったスリリングな作戦あり。
ななかか締まった、見応えのあるゲームだったのではないでしょうか?
これを続けてほしいな~


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:5CM:7

◇苫駒の田中くん、抑え開眼!?

2006/09/09(土) 18:00:54

今日のスポーツ報知によると、アメリカ遠征から帰国した田中くん(駒大苫小牧)が、
「自分は抑えにむいている」と言ったとか。

ほ~、自らそれに気づくとは~
実は、今年の高校生ドラフトでは、なんとか田中くんを指名して、初めから抑えの切り札として英才教育してはどうかと考えていたところ。
もし、プロ入り宣言すれば、”ハンカチ王子”こと早実の斎藤くんも大いに魅力的です。
でも、今の選手構成を考えれば、必要なのはクローザー候補としての田中くんじゃないのかな?と思っていますが・・・・
どうでしょうかね~?


<スポーツ報知より抜粋>
田中、守護神LOVE宣言。
田中は会見で、全5試合に抑えで登板したことに触れ「抑えは自分の性格上、合っていると思う。
短いイニングで集中して投げることは楽しかった」
とキッパリ。
米国武者修行でリリーフエースとしての新境地開拓を告白した。
11日間、計5試合の親善試合では圧巻投球だった。
すべて守護神として12回1/3を22奪三振。
「甲子園から続いて、調子もよかった」という右腕は、その力を存分にアピールした。
「米国の歴史、野球文化も見て知ることが出来たし、今後の野球人生に生かせると思う」と田中。
リリーフ開眼は、その一番の手土産となった。



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
補強・ドラフト・ファーム情報TB:0CM:2

☆懐かしきかつての愛車

2006/09/09(土) 13:47:07

これ、私が若かりし頃に乗っていた愛車です。
懐かしいCMを見つけたので、保存しておくことにしました。

「我が青春のプレリュード」クサッ




そして、私が乗っていたのが、まさに下のコレ!
当初は、赤がイメージカラーだったのですが、その後紺色が ”紺プレ” という愛称で若いギャルの人気が急上昇!
その影響でCMも”紺プレ” バージョンになったのでは?ともっぱらの噂でした。
(私の周りだけの話かもしれませんが・・・・・)



世界初舵角応動タイプホンダ4輪操舵システムや、4輪ダブルウイッシュボーンサスペンション、新4輪アンチロックブレーキなど、ホンダ独自の数々の新技術を導入、全車に2Lエンジンを搭載してスタイルを一新した、FFスペシャルティカープレリュード。人とクルマのよりよい一体感を創り上げるというコンセプトのもとに、優れた基本性能をベースに、人の感性に快よく、ドライバーの意志により素直に応える高次元の感覚性能の実現をめざし、ホンダの先進テクノロジーを結集して開発したものである。直列4気筒2L DOHC16バルブ+PGM-FIと2.0L SOHC12バルブ+PGM-CVデュアルキャブの2ユニットを搭載。140馬力を発生するDOHC16バルブは「2.0Si」、SOHC搭載は「2.0XX」、「2.0XR」、「2.0XL」の4グレードを設定する。

そうでした、そうでした~



☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
その他動画集TB:0CM:0

○巨人 投手陣が踏ん張り接戦制す

2006/09/08(金) 21:43:17

ヤクルト 1−2 巨 人

前回の登板の大量失点をしっかり反省のか、スッキリ散髪したモンチヘアーで登場した内海くん。
今日は、いいピッチングでした。
ボール自体は、抜群にいいとは思いませんでしたが、ツボを心得たピッチングというのかな?押したり引いたり、うまく打者を料理していた印象です。
打っても自らタイムリーと、今年の内海は、ホントに気迫が前に出ていいですね~
8回は、先頭打者に四球を与え、ピンチを招いてしまいましたが、7回までは僅か2安打に抑えスイスイ。
今日のところは大目に見てあげることにしましょう。


散髪してもヘアースタイルは不変?

入団3年目のモンチ内海。
白状しますが、正直ここまで成長してくるとは思っていませんでした。
自由獲得枠で入ってきたわけですが、入団時は肩を故障していましたよね。
で、1年目のピッチングを見たときは、球速は130キロの前半、カーブは大きいけどストライクが入らない。
これは、将来的にもちょっと厳しいなと思ったものです。
2年目は、肩の故障が癒えて、ストレートに力が出てきたうえに、チェンジアップを覚えて、実に効果的に使い始めました。
そして今年は、さらに球にキレが増し、カーブのコントロールもよくなりました。
内海は、年々着実に階段を上っていますね。

自由枠での入団ですから、本来は化けるという表現はあたらないのでしょうが、個人的には化けたという印象の選手です。
うれしい誤算といえる成長ぶりですね。
研究熱心だし、意外と器用みたいだし、来季以降も一歩ずつレベルアップしてほしいですね!

一方、打線は・・・・・・・・・
脇谷くんが目立っただけじゃね~
こちらは、来季に向けて課題満載ってところでしょうか?
前にも言いましたが、もっと積極的にいろんなパターンを試してみてもいいと思うのですが・・・・・


☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
試合を振り返ってTB:5CM:10
ホーム全記事一覧次のページ >>

プロフィール

テルテル

  • Author:テルテル
  • 【年齢】 もういい歳
    【血液型】B型 
    【星座】 かに座
    【趣味】
    野球観戦
    (正しい巨人ファン)
     クワガタ採集
    (放し飼いもしてます)
     読書
    (ミステリー中心かな)
     化石掘り
    (ロマンを感じます)

    【たまに登場する人物】
      妻 :チヤ
     長男:シン
     長女:ハル
     次男:テン

今日はどんな日?

月の暦でございます!

<08 | 2006/09 | 10>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード

ブログ内検索

アンケート





LinkShare アフィリエイト

【自動更新】アトリエカタログ125*125

「ホビー商品大集合」icon

オフレコの別館

今年の部屋履きはコレ! アディダス:ロッカールームソックス3/579796【adidas アクセサリー】 20061027祭10

大切な人に贈るギフトアイテム

オフレコ書店

ジャイアンツ関係
今までに読んだ面白いミステリー(国内編)
今までに読んだ面白いミステリー(海外編)
クワガタ
iPod関連アイテム
最近読んだ本
 by G-Tools





Copyright(C) 2006 オフレコの記録 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。