オフレコの記録

正しい巨人ファンによる、ジャイアンツ応援ブログ!

最近の記事+コメント

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ目次(別窓)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
スポンサー広告

◇清武代表は辞任しろ!かぁ~

2006/12/19(火) 20:43:56

サンスポの特集「巨人再建論」を読んでいらっしゃる方も多いと思います。
毎回、いかにすればジャイアンツの再建ができるのか?いろんな方が、いろんな意見を述べていて、面白くみています。
で、今回は、スポーツジャーナリスト鷲田康さんの
「清武代表は辞任してGMに」
でした。
題名につられて読んでみたのですが、
「(ネット裏のユニを着た一団などについて)親会社への気遣いが画面や報道を通してみえたとき、ファンは、どこかに嫌悪感を抱いてしまう」とか、

「チーム編成からくる戦力面の問題もあるが、それ以前に巨人を再建するためには、かかわる人間が何のために汗を流さなければならないかを、見直す必要がある」など、
そうなんだな~
と、妙に納得させられました。
(詳しくは、サンスポを読んでみてくださいね)

清武さんがGMに適任かどうかは、私にはわかりませんが、ジャイアンツもそろそろ本気でGMの導入について検討しなければいけないのではないでしょうか?
そして、読売ジャイアンツの組織、いわゆるフロントの抜本的な改革を!
たぶん再建にあたっては、これって戦力の強化と同じか、それ以上に重要なファクターだと思うのです。
が・・・・しかし、これが最も困難なことだとも思えてしまう。
それが、悲しいところでありますね~

ところで、最近、キャンプや、先日は新入団選手の自主トレまで、頻繁に現場に顔をだしているのが、広岡さんです。
たぶん、川上さんや長嶋さんの影響力が弱くなり、今やOB会のトップに立った感があるせいかな?なんて思ったりしますが、ジャイアンツの現状を憂い、再建を進めようとする思いは感じることができますね。
個人的に、考え方に共感できる部分が多いもので、広岡さんあたりがGMになれば?
なんて考えたりもするのですが、いかがなものでしょうね?
(それともG党ブロガーの誰かが、やっちゃいますか?)


■確かにGMは必要だと思う人はにクリック■
  ↓ 
人気blogランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ

スポンサーサイト

☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
G党のつぶやきTB:0CM:6
<< ▽球界の薬物疑惑ホーム全記事一覧☆06年TB企画第9回結果発表 >>

コメント
同感です
テルテル様の仰るとおりで、巨人が読売という親会社依存体質なのではなく、読売が巨人依存体質なのです。この点は今もって外からでは明確にわからない。だいたい巨人最高経営会議とは何ですか?
ナベツネさんの個人的な評価は正力亨オーナーや務台元読売新聞社長なんかよりは上ですよ。ここではっきり書いちゃっていいかどうかわかりませんが、亨さんは優柔不断で自己決定が出来ないといわれていました。務台さんは価値基準が数字ばかりで経営者としての先見性はないとも。経済紙では書かれていませんが言わずもがなかな。巨人混迷人事の根本的原因はここにあります。ナベツネさんは私から言わせるとサラリーマン重役ではったりばかりですよ。
Kファクトリー #-|2006/12/21(木) 17:29 [ 編集 ]

>Kファクトリー 様
清武さんがいいかどうかはわかりませんが、優秀なGMの採用は一考の価値ありだとは思います。
ただ、プロ野球経験者にしろ、そうでないにしろ優秀なGMの人選が難しい。
特にジャイアンツの場合、ナベツネさんを頂点とする旧態依然とした組織体質があるようですから、さらに制度導入は困難を極めるでしょうね。
テルテル #-|2006/12/20(水) 22:59 [ 編集 ]
清武GMですか?
彼が読売本社に戻らない覚悟でやるのであれば5年ぐらい腰をすえて頑張ってみたらとは思います。だが、昨年からの編成などみると拙さが目立って、やはり新聞業界の人だなとも思います。評論は鋭いが現場感覚が希薄です。GMともなれば、現場の監督とは衝突することもあります。全体的に責任意識が希薄ですよ。読売内部では優秀な人でも興行会社である巨人でこける理由がここにあります。プロ経験者を球団上層部におかないとダメでしょうね。
Kファクトリー #-|2006/12/20(水) 11:25 [ 編集 ]

>EIKEN 様
なるほど~
確かに、そう考えれば清武代表であれ誰であれ、プロ野球経験者でなくても不思議はありませんね。
GMは、チームを直接指揮するわけではなく、いろんなマネイジメントが主な仕事なのでしょうから、その能力がある人材ということのなれば、むしろその方が自然なのかもしれませんね。
しかし、もし仮にGMを導入することになったとして、いったい誰にお願いするかというのは、重要なだけに難しい問題ですね~

>侍魂 様
これまた鋭い指摘ですね。
単にジャイアンツのみならず、日本のプロ野球機構自体も組織的に歪な形になっていますね。
野球が国際化していくなかで、日本のプロ野球もジャイアンツもしっかりした組織に変わっていかなければ、未来は暗いかも・・・・
テルテル #-|2006/12/19(火) 23:50 [ 編集 ]

清武さんがGMですか、ナベツネさんから脱却を図る事が出来たら良いのですが 無理でしょうね! 更迭でもしないと、ナベツネさんは、日本のスタテインブレ-ナ-ですから 巨人の GMに全権があるのであれば、期待出来ますが、先ずは、コミッショナ-の問題が一番ですよ、権限の無いコミッショナ-は居ても、意味がありません。コミッショナ-が確りして貰わないと、ナベツネさんが陰でリ-ドすると思います。
侍魂 #-|2006/12/19(火) 23:10 [ 編集 ]

故青田昇氏は遺作となった著書『ジャジャ馬一代』で、10年近くも前から、巨人にGMの導入を切に訴えていました。そして、惜しくも名前は明かされていないものの、「この男なら」という構想があったようです。氏が亡くなられてしまったため、今となってはそれが誰だったのかは永遠の謎になってしまいましたけれども…。

そうそうGMと言えば、横浜ベイスターズにもGMっていらっしゃったんですね。初めて知りました。http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20061219-OHT1T00043.htmの記事に、村上忠則さんという方の肩書きがGMになっています。調べてみると、どうもプロ経験者ではないらしいのですが、日産自動車で監督を務められていたそうです。

そう考えると、必ずしもプロ経験者である必要もないのかなという気がしないでもないですね。松坂の所のエプスタインGMは32歳だそうですが、これも調べてみたら、プロ経験どころか野球経験すら無いらしく、エール大で米国研究に勤しみ、サンディエゴ大学では法律を学んでいたそうです。こういうのを見てしまうと、仮に清武さんがGMになられたとしても、何ら不思議ではないですよね。
EIKEN #UqHsDmbQ|2006/12/19(火) 22:55 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mcsht.blog12.fc2.com/tb.php/659-e6624c45

プロフィール

テルテル

  • Author:テルテル
  • 【年齢】 もういい歳
    【血液型】B型 
    【星座】 かに座
    【趣味】
    野球観戦
    (正しい巨人ファン)
     クワガタ採集
    (放し飼いもしてます)
     読書
    (ミステリー中心かな)
     化石掘り
    (ロマンを感じます)

    【たまに登場する人物】
      妻 :チヤ
     長男:シン
     長女:ハル
     次男:テン

今日はどんな日?

月の暦でございます!

<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード

ブログ内検索

アンケート





LinkShare アフィリエイト

【自動更新】アトリエカタログ125*125

「ホビー商品大集合」icon

オフレコの別館

今年の部屋履きはコレ! アディダス:ロッカールームソックス3/579796【adidas アクセサリー】 20061027祭10

大切な人に贈るギフトアイテム

オフレコ書店

ジャイアンツ関係
今までに読んだ面白いミステリー(国内編)
今までに読んだ面白いミステリー(海外編)
クワガタ
iPod関連アイテム
最近読んだ本
 by G-Tools





Copyright(C) 2006 オフレコの記録 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。