オフレコの記録

正しい巨人ファンによる、ジャイアンツ応援ブログ!

最近の記事+コメント

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ目次(別窓)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
スポンサー広告

◇日ハムは人的補償なし

2007/01/10(水) 22:06:30

日本ハムは、小笠原の補償を、選手ではなく金銭で求めることを正式に決め、巨人側に伝えたとのこと。

工藤の件の直後ですから、やはりホッとします。

ハムとしては、小笠原の昨季年俸3億8000万円の120%に当たる4億5600万円と人的補償を天秤にかけた結果、金銭を選んだわけですが、十分考えられる結論といえるのではないでしょうか。

これで、今季のジャイアンツの陣容がほぼ確定。
(あとは外国人の抑え候補かな?)
そろそろ今季の構想でも練ろうかなぁ~な~んてね。。


ところで、こんな記事を発見。

<スポーツ報知より>
楽天のマスコット、Mr.カラスコが10日、宮城県廃棄物対策課と仙台市環境局の“採用面接”を受けた。
カラスコは、球団「非公認」ながら過激なパフォーマンスが地元仙台では人気を集めている。ただ先月、バイクでの球場内暴走などの「悪行」を球団から指摘されて、ポスティングシステム(入札制度)での移籍を要求。球場内でのごみ拾いなど環境美化に取り組んできた実績が評価され、県と市が名乗りを上げ、この日の面接となった。
しかし面接会場でごみの飛散防止用ネットを頭から被るなど相変わらずの暴れ放題で、途中退場。採用は見送られた。14日にはプロレスの入門テストを受ける予定だ。


これって、宮城県も仙台市も、オフのカラスコの騒動に協力してるってことかな?
そうだとしたら、なんてすばらしいお役所なんでしょう!
個人的に、こういうの大好きです。


■巨人にカラスコがほしい!と思った人はクリック!■
  ↓ 
人気blogランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ


スポンサーサイト

☆☆ジャイアンツ再生の祈りを込めてクリックしましょう!☆☆
「早く巨人が、正しいジャイアンツになりまよう~に!」
  パンッ

にほんブログ村 野球ブログへ  パンッ っと!
オフの話題TB:0CM:6
<< ◇私のFA改革案ホーム全記事一覧△ノリのオリ退団!? >>

コメント

>侍魂 様
GMですか~
現状では難しいでしょうね~
もっと時代が進まないと・・・・・
まあ、GMという役職に拘らず、要は現場とフロントが有機的に繋がりながらそれぞれの役割を果たせばいいんでしょうが・・・・
今の滝鼻・清武・原ラインでも、それができないことはないと思うのですが、希望的観測でしょうかね?
もう少し長い目でみていきたいところです。
テルテル #-|2007/01/11(木) 22:55 [ 編集 ]

FAは選手会が勝ち取った権利・・・無くなりはしないでしょう。 私は、一人の野球ファンとしては、FAの補強によって、落合を獲得した事によって、駒田が出て行き、松井がNYに渡り、と寂しいです。 須藤さんが2軍の監督をされている時、緒方、井上、後藤、其の他多数、若手が育っていて、あの頃のドラフト戦略は高校生を獲得して、育成してました。
3軍制度もあったと思います。他球団の反発で無くなりましたが、今のままでは、谷を獲得しては、若手を放出する。繰り返しだと危惧してます。GMはいりますな  高田GM 戻って来ておくれ~
侍魂 #-|2007/01/11(木) 21:31 [ 編集 ]

>侍魂 様
そうですね。
ここで何度も言っているように、同様に感じています。
まあ、今のジャイアンツは、若手を育成してチームを再生しようという方向は向いていると思うのですが、それを勝ちながらしようとしているところに無理があるのかな?と思っています。
優勝の宿命という十字架が重いな~

>EIKEN 様
「判官贔屓」っていうのわかるなぁ~
確かにありますね。
あと、島国根性っていうか、鎖国体質みたいなのも馴染まない一因ではないかと。
移籍した選手達は、それをいいきっかけにしてくれればいいですね。

>Kファクトリー 様
なるほど~
私もFAは日本に馴染まないと思いつつも、なくすのは無理かな?と思っています。
でも、もうちょっと日本的FA制度に変えることを考えた方がいいかと思いますね。
で、人的補償は廃止する。(もっとも人的補償は日本のものですが)
選手会も自分たちの利益ばかりを優先させるのでなく、ファンのことや日本球界の繁栄のことを考えながら権利を主張してほしいな~
まあ、本当はコミッショナーが、そういうことを考えつつ、その辺の労使の調整をすればいいでしょうけどね。
テルテル #-|2007/01/11(木) 21:30 [ 編集 ]
人的補償がおかしいのです
お二人には悪いんですが、FAは制度としては残ると思いますよ。良くも悪くも世の中は契約社会だからです。制度に人の心を入れるのも、また人です。個人的にはFA宣言残留の多い某球団発案の人的補償制度はちょっとおかしいと思います。MLBのように年俸更改の際、複数年契約にトレード拒否条項(移籍拒否)を盛り込む選手も多くなると思いますよ。今後は代理人同席交渉が常識なってしまうでしょう。
FAは入団後5年ぐらいで行使できるようにしないとMLBに高校卒業後、行ってしまう選手が増えると思いますよ。
Kファクトリー #-|2007/01/11(木) 18:33 [ 編集 ]

侍魂さんの御意見にウンウンと頷いています。制度としての良し悪しではなく、日本人にFA制度は合わないと私も思い始めてます。『HeadHunting』と『引き抜き』。どちらも意味は同じなのに、日本の場合は「判官びいき」という言葉があるように、引き抜いた側が「悪」、引き抜かれた側が「善」というような言われ方をされることが多いですしね。

それはさておき、世間では揶揄も含めて「工藤vs巨人」なんて騒いでいますが、退団した選手が活躍すること考えていてもキリが無いですからね。それよりも、せっかく縁あって巨人に移籍した小笠原、谷、門倉、吉武、大道、小田嶋たちには是非頑張って頂きたいと思います。特に吉武なんかは工藤と同じ立場なワケですし、ホークスを見返すチャンス。
EIKEN #UqHsDmbQ|2007/01/11(木) 00:31 [ 編集 ]

FAで人的補償は懲り懲りです。巨人には早く優勝して欲しいです。でも、気が重くて、ファンは勝つことばかりを期待してるのでは無く、阪神も長い事低迷してた時期もあったし、日ハムは東京から、北海道という土地に根付きはじめてます。其処には、語るに尽くせないドラマがあって、其のプロセスに共感があるから、ファンはついていくと思うし、巨人は何処に向かっているのかな、育成や愛と叫びながら若手を放出して、他チームの中心を引き抜く、テルテル様も仰るように、日本人にはFA制度は合いません。プロセスとはあまりにも矛盾してるし、
松井がFA移籍してから、巨人愛は迷走してる感じです。 
侍魂 #-|2007/01/10(水) 23:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mcsht.blog12.fc2.com/tb.php/676-e599898d

プロフィール

テルテル

  • Author:テルテル
  • 【年齢】 もういい歳
    【血液型】B型 
    【星座】 かに座
    【趣味】
    野球観戦
    (正しい巨人ファン)
     クワガタ採集
    (放し飼いもしてます)
     読書
    (ミステリー中心かな)
     化石掘り
    (ロマンを感じます)

    【たまに登場する人物】
      妻 :チヤ
     長男:シン
     長女:ハル
     次男:テン

今日はどんな日?

月の暦でございます!

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード

ブログ内検索

アンケート





LinkShare アフィリエイト

【自動更新】アトリエカタログ125*125

「ホビー商品大集合」icon

オフレコの別館

今年の部屋履きはコレ! アディダス:ロッカールームソックス3/579796【adidas アクセサリー】 20061027祭10

大切な人に贈るギフトアイテム

オフレコ書店

ジャイアンツ関係
今までに読んだ面白いミステリー(国内編)
今までに読んだ面白いミステリー(海外編)
クワガタ
iPod関連アイテム
最近読んだ本
 by G-Tools





Copyright(C) 2006 オフレコの記録 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。